ぜいたく税の課税ライン迫るも「タナカを連れ戻すべき」

 ヤンキースは15日(日本時間16日)、レンジャーズからFAとなっていたコーリー・クルーバー投手と年俸1100万ドル(約11億5000万円)での1年契約で合意した。これを受け、ニューヨークの地元メディア「ニュースデイ」は35歳のクルーバー獲得に疑問を呈し、田中将大とヤンキースの再契約が遠のいたことに言及している。

 記事では、「ヤンキースはクルーバーで大きな賭けに出た(そしておそらくマサヒロ・タナカはない)」という見出しで特集した。ヤンキースがクルーバーを1年1100万ドルで獲得したことを「ギャンブル」と表現。万全であればゲリット・コールに次ぐ先発2番手になる可能性があることに言及しつつも、近年は故障に泣かされるサイ・ヤング賞右腕との契約を疑問視している。

 6年総額9000万ドル(約95億円)で基本合意に達したと報じられているDJ・ルメイヒュー内野手との再契約にも言及。これにより約2億1000万ドルほどとされる「ぜいたく税」の課税ラインに近づくことになることから、「大幅な減俸を受け入れなければ、ヤンキースの構想からタナカ再契約は外れるだろう」と、田中のヤンキース再契約は厳しい状況になったと指摘している。

 続けて、「不透明な2021年に向かうヤンキースのローテーションの現状を鑑みれば、タナカのほうが安全な賭けだ」とクルーバーとの契約を優先したことに疑問を投げかけ「(タナカは)素晴らしい投手というわけではないが、信頼できる投手」と評価。近年のクルーバーのように故障によってチームに影響を与える可能性は低いとしている。

 さらには、「もしそれがぜいたく税のラインを少し超えることを意味しようとも、ヤンキースはタナカを連れ戻すべきだ」と田中との再契約を進言。「コール以外に誰もいないに等しいヤンキースのローテーションに確実性をもたらしてくれるだろう」と先発2番手としての役割を担う存在になると言及している。

 先発投手としてヤンキースに必要な存在であるにも関わらず、クルーバーの獲得とルメイヒューの残留により、田中のヤンキース残留はより厳しいものになったと、米メディアは考えているようだ。(Full-Count編集部)