阪神はアルカンタラ、ロハスJrらを獲得して大所帯の助っ人8人に

 2021年が幕を開けて、早くも半月が経過した。球春到来となるキャンプインまであとわずか。現在、選手たちは自主トレを進め、2月1日のキャンプインに向けて身体づくりに励んでいるところだ。

 新型コロナ禍の中で各球団の助っ人たちも徐々に来日し始めている。各球団の新助っ人たちもほぼ固まってきたと見られる。キャンプインまで、残り2週間ほど。ここで各球団の助っ人の構成をチェックしていこう。

 近年は外国人枠を上回る助っ人を在籍させることが珍しくなくなり、外国人も枠を争う競争に置かれることが珍しくない。今季も現状で巨人と阪神が最多の8人、中日と広島が6人を抱える。では、セ・リーグの陣容を見ていこう。

【巨人】
・投手
ルビー・デラロサ
エンジェル・サンチェス
チアゴ・ビエイラ
CC・メルセデス
・野手
ゼラス・ウィーラー
エスタミー・ウレーニャ
エリック・テームズ※
ジャスティン・スモーク※

 メジャー通算196本塁打を誇るジャスティン・スモーク内野手を獲得した巨人。現時点で今季の外国人は8人体制となっている。投手は昨季8勝をマークしたサンチェス、守護神のデラロサら残留組の4人。野手もウィーラー、ウレーニャに新戦力のスモークとテームズを加えた4人体制となる。今季の外国人枠は最大5人。この8人を5人の枠でどう運用することになるか。

阪神は投手5人、野手3人となった外国人をいかに起用していくか

【阪神】
・投手
ジョン・エドワーズ
ジョー・ガンケル
ロベルト・スアレス
チェン・ウェイン※
ラウル・アルカンタラ※
・野手
ジェリー・サンズ
ジェフリー・マルテ
メル・ロハスJr※

 阪神はこのオフ、積極的な補強を敢行し、韓国プロ野球からアルカンタラ、ロハスJr.が加入。昨季ロッテでプレーしたチェン・ウェインも争奪戦を制して獲得した。昨季からの残留組を合わせて投手が5人、野手が3人という内訳に。果たして5人の外国人枠でどう起用していくのか。矢野燿大監督の手腕が問われそうだ。

【中日】
・投手
ライデル・マルティネス
ジャリエル・ロドリゲス
ランディ・ロサリオ※
・野手
ダヤン・ビシエド
アリエル・マルティネス
マイク・ガーバー※

 中日は現時点で助っ人は6人の体制となっている。主砲のビシエド、守護神のR・マルティネスらに加えて、オフにはロサリオとガーバーを獲得した。昨季は8年ぶりにAクラス入りを果たし、今季は更なる浮上を狙う中日。外国人枠の中で与田剛監督はこの6人をどう使っていくことになるだろうか。

DeNAとヤクルトは5人の外国人枠ちょうどの助っ人5人体制に

【DeNA】
・投手
エドウィン・エスコバー
マイケル・ピープルズ
フェルナンド・ロメロ※
・野手
タイラー・オースティン
ネフタリ・ソト

 DeNAは現時点で支配下の助っ人は外国人枠ちょうどの5人。新助っ人は投手のロメロ1人で、残る4人は残留組となる。野手のオースティン、ソトのコンビは破壊力十分。エスコバーも実績は十分で、三浦大輔新監督のもと、彼ら助っ人がどんな働きを見せてくれるか。

【広島】
・投手
ヘロニモ・フランスア
テイラー・スコット
ドビーダス・ネヴァラウスカス※
カイル・バード※
・野手
アレハンドロ・メヒア
ケビン・クロン※

 昨季5位に沈んだ広島は助っ人6人が在籍することに。オフには投手でネヴァラウスカス、バード、野手ではクロンを獲得した。残留組を合わせて投手は4人、野手は2人。外国人枠の5人のうち、投手の4人で3枠を争うことになるだろう。

【ヤクルト】
・投手
アルバート・スアレス
スコット・マクガフ
サイスニード※
・野手
ホセ・オスナ※
ドミンゴ・サンタナ※

 昨季は最下位に沈んだヤクルトはオフに大物助っ人を獲得した。サンタナは2017年にブルワーズでメジャー30本塁打を放った大砲でその長打力に期待。オスナ、投手のサイスニードと3選手を加え、残留するスアレス、マクガフとともに助っ人5人体制を敷く。昨季はクック、イノーア、エスコバーがことごとく期待外れに終わっただけに、今季はなんとしても活躍してもらいたいところ。(Full-Count編集部)