山岡、山本、吉田正はA組スタート、増井とT-岡田らはB組

 オリックスは28日、春季キャンプのメンバー振り分けを発表した。A組、B組、C組に分け、阪神を退団して新加入した能見篤史投手兼任コーチ、育成の田城飛翔外野手はA組スタート。ドラフト1位の山下舜平大投手(福岡大大濠高)ら新人6選手はB組となった。ブランドン・ディクソン投手、アダム・ジョーンズ外野手ら外国人4選手はC組で始動する。

 A組には山岡泰輔、山本由伸の両エースや吉田正尚外野手ら32選手。B組には増井浩俊投手、安達了一内野手、T-岡田外野手ら34選手が入った。C組は宗佑磨外野手ら18選手。

 春季キャンプのA、B組は宮崎市清武総合運動公園で2月1日から同28日まで行われる。C組は14日までオセアンバファローズスタジアム舞洲、16日から宮崎市清武総合運動公園で行う。

 また、ディクソンとロメロは来日スケジュールが未定となっており、合流が決まり次第、発表するとした。(Full-Count編集部)