セ・リーグで決定はヤクルトのみ…DeNAは混沌、阪神はエースが離脱

 3月26日のシーズン開幕まで1か月を切り、セパ12球団の戦力状況が明らかになってきた。3月2日からはオープン戦が始まり、選手たちは調整を本格化させる。そんな中、映えある開幕投手は半数の6球団で決定した。28日にはヤクルトの高津監督が小川泰弘投手に任せることを明らかにした。そこで、現時点で決定している顔ぶれと、未決定球団の有力候補を見ていきたい。

【セ・リーグ】
○巨人:未決定
 最有力は、昨季に最多勝と勝率1位の2冠を獲得したエース菅野智之。オフにメジャー移籍を検討するも、コロナ禍の状況などを鑑みて残留。2月27日には広島との練習試合で実戦初登板に臨み、2回を2安打無失点にまとめた。

○阪神:未決定
 エースの西勇輝がぜんそく症状を訴えてキャンプを離脱。候補に挙がる青柳晃洋は2月27日の中日との練習試合では3回2安打無失点と好投。さらに、その試合で3回を3安打1四球1失点にまとめた藤浪晋太郎や、昨季11勝の秋山拓巳も候補に入ってきそうだ。

○中日:未決定
 与田監督は、昨季沢村賞を受賞した大野雄大が最有力と明言。ただ、そのエース左腕はスロー調整をしている段階で、当初2月20日ごろに決めるとしていた方針も後ろ倒しになっている状況だ。ほかには、右のエースとして期待される柳裕也らが候補になってくる。

○DeNA:未決定
 昨季10勝を挙げた大貫晋一や、平良拳太郎らが候補に挙がる。2人は2月25日の楽天との練習試合にそろって登板。先発した大貫は3回6安打2失点、2番手でマウンドに上がった平良が2回8安打6失点と精彩を欠いた。混沌としている状況で、三浦監督も頭が痛い?

○広島:未決定
 昨季新人王に輝いた森下暢仁に大役を任せる可能性もある。さらに、右肘手術から復帰し、3年連続の開幕マウンドを狙う大瀬良大地も存在感を示している。九里亜蓮も候補に挙がるが、2月27日の巨人との練習試合では3回5安打2失点と精彩を欠いた。

○ヤクルト:小川泰弘
 2年ぶり5度目の大役で、阪神打線と向かい合う。昨年8月15日のDeNA戦で初のノーヒットノーランを達成し、チームトップの10勝を挙げたエース右腕。最下位からの浮上を目指すチームのスタートダッシュを後押しできるか。

パ・リーグはロッテだけ未決定、鷹&西武&オリは初の開幕投手に

【パ・リーグ】
○ソフトバンク:石川柊太
 昨季に投手3冠に輝いた千賀滉大や昨季の開幕投手・東浜巨が出遅れる中、自身初の開幕マウンドを託された。昨季は千賀とともに最多勝を獲得し、勝率1位のタイトルも受賞。2月27日のオリックスとの練習試合では、3回を1安打無失点だった。

○ロッテ:未定
 現状では、パ・リーグで唯一決まっていない。候補となる美馬学は2月27日の西武との練習試合に先発し、2回を2安打1失点。昨季開幕投手を務めた石川歩は2月23日のオリックス戦で今季初実戦に臨み、2回3安打1失点だった。

○西武:高橋光成
 プロ7年目で初めて立つ開幕マウンド。昨季はチームトップの8勝を挙げた。キャンプ最終日の21日に、辻監督から通達された。4日後の25日には、開幕の相手となるオリックスとの練習試合に先発。3回を5安打2失点だった。

○楽天:涌井秀章
 ロッテ時代の2018年以来3年ぶり、現役では最多10度目の大役を担う。昨季は11勝を挙げ、史上初となる3球団での最多勝を成し遂げた。8年ぶりに古巣に復帰した田中将大は開幕2戦目の先発が決定しているだけに、いい形でバトンをつなぎたい。

○日本ハム:上沢直之
 自身にとっては、2019年以来2度目の開幕マウンドとなる。12球団で最も早く、2月15日に公表された。昨季は15試合に登板し、チームトップタイの8勝。レンジャーズ移籍の有原航平が抜けた先発陣を引っ張っていきたい。

○オリックス:山本由伸
 プロ5年目で初めて開幕投手を務める。2月27日のソフトバンクとの練習試合では3回を2安打無失点5奪三振と圧巻の投球。その日に球団公式インスタグラムが公開した動画では「開幕投手に指名していただきました。絶対勝ちます!」と決意表明した。(Full-Count編集部)