「うわああああああ」巨人ファンは歓喜、ヤクルトファンは複雑

■巨人 3-2 ヤクルト(オープン戦・4日・東京ドーム)

 トレードで巨人に加入した廣岡大志内野手が4日、ヤクルトとのオープン戦(東京ドーム)で、移籍後初アーチとなる特大のソロ本塁打を放った。古巣相手にいきなり見せた名刺がわりの一発に「これは熱い恩返し」「複雑な気分だぜ」などと声が上がっている。

 初回の守備でいきなりヤクルト打線から3者連続で遊ゴロの“洗礼”を受けた廣岡。坂本勇人の後継として期待される大砲候補は、早速バットで存在感を見せた。2-0でリードした6回の先頭で打席に入ると、守護神・石山を高めの直球をフルスイング。打球は左翼スタンド上段に飛び込む大きなアーチを描いて見せた。

 その一発を「DAZN」の公式ツイッターが動画で公開。巨人ファンは歓喜、ヤクルトファンは複雑なようで「このスイングに惚れたんだよなあ」「うわああああああ」「確実に魅力はこれやな」「巨人でも頑張ります打法炸裂」「高津の表情が切ない」などとコメントが寄せられていた。(Full-Count編集部)