8月3日のアストロズ戦以来215日ぶり実戦登板

■アスレチックス – エンゼルス(オープン戦・日本時間6日・メサ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、アリゾナ州メサで行われたアスレチックスとのオープン戦で今季初の実戦登板。1回2/3で5奪三振2四球、3安打1失点に抑えた。フォーシームの最速は100マイル(約160.9キロ)だった。

 初回。先頭・カンハをフォーシームで見逃し三振に仕留めて上々のスタートを切った。アンドラスに左翼線二塁打とされたが、オルソンをフォーシームで空振り三振。チャップマンを四球で歩かせたものの、モアランドをスプリットで空振り三振に仕留めた。

 2回は先頭・ラウリアーノの左中間二塁打。ピンダーを空振り三振に抑えた後、ケンプに右中間へ適時二塁打を許した。ガルシアには四球を与えたものの、続くカンハをスプリットで空振り三振に仕留めた。41球を投げたところで降板。24球がストライクだった。

 大谷は8月2日(同3日)の本拠地・アストロズ戦後に右前腕の筋損傷が判明。その後は打者に専念し、2試合登板、0勝1敗、防御率37.80に終わった。2月27日(同28日)のキャンプ2度目のライブBP(実戦形式の投球練習)で最速100マイル(約161キロ)をマーク。キャンプ中に大台超えするのは日米通じて初めてだった。この日の実戦登板は215日ぶりだ。(Full-Count編集部)