【MLB】異次元の170キロへ王手 カージナルス右腕が驚愕の豪球169キロを2度計測

【MLB】異次元の170キロへ王手 カージナルス右腕が驚愕の豪球169キロを2度計測

21歳ヒックスが今季メジャー最速5球を連投

 エンゼルスの大谷翔平投手がフリー打撃で見せた158メートル弾を放つ驚愕のパワーが話題になっているが、20日(日本時間21日)、カージナルスの本拠地セントルイスで驚愕の豪球が誕生した。本拠地フィリーズ戦で、カージナルス21歳右腕のジョーダン・ヒックス投手が、なんと時速105マイル(約169キロ)の剛速球を2度も投げたのだ。

 衝撃の場面は、5-1とカージナルスが4点をリードする9回表に訪れた。8回途中からマウンドに上がったヒックスは、2死を奪ったところでヘレラと対峙。初球に104.2マイル(約168キロ)シンカーでストライクを奪うと、2球目は外角ボールに外れたシンカーがなんと105マイルを計測。これはMLB公式データ解析システム「スタットキャスト」が2008年に導入されて以来、ヤンキース守護神アロルディス・チャップマンと並ぶ最速記録となった。

 これだけでは終わらない。ヒックスは3球目に104.3マイル(約168キロ)シンカーでファウルを奪うと、5球目は再び105マイルのシンカーでファウル。最後は暴投で振り逃げされたものの103.7マイル(約167キロ)シンカーで空振り三振とした。

 球団公式サイトによると、この5球はいずれも今季最速トップ5に入る球速だったという。試合後、ヒックスは「昨日103マイル出ていたから、それならできそうだって、今日はさらに速い球を投げようって狙っていたんだ」と、狙い澄ました105マイルだったことを明かしたという。

 かつては異次元だと思われた160キロ台が、それほど珍しくなくなった今。夢の170キロ台に到達する日はそこまで迫っているのかもしれない。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索