【高校野球】新潟でも大波乱! 昨夏代表の日本文理が4回戦で進学校・新潟に敗れる

【高校野球】新潟でも大波乱! 昨夏代表の日本文理が4回戦で進学校・新潟に敗れる

公立の県内有数進学校に3点先行され、逆転できず

 強豪校の敗退が相次いでいる第100回全国高校野球選手権地方大会で、18日も波乱が起きた。新潟大会4回戦で、昨夏の代表校であり今回も優勝候補と目されていた日本文理が、新潟に3-5で敗れ、姿を消した。

 日本文理は1回に3点を先行され、2回に2点を返したものの、6回と8回にも1点ずつを追加され、反撃も7回の1点にとどまった。

 日本文理は2009年の第91回大会、中京大中京との決勝戦で4-10の9回2死から5点を返す怒涛の反撃を見せ、1点差で敗れたものの、後世に語り継がれる死闘を演じた強豪校。昨年夏の甲子園を最後に名伯楽・大井道夫監督が退任し、鈴木崇新監督にチームが引き継がれたが、県内有数の進学校で公立の新潟にまさかの敗戦を喫し、甲子園への夢を断たれた。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索