【MLB】大谷翔平、絶好スタートでスクイズ生還 解説は感嘆「タイミングが完璧です」

【MLB】大谷翔平、絶好スタートでスクイズ生還 解説は感嘆「タイミングが完璧です」

延長10回に代打出場、四球で出塁後にサードへ進塁

 エンゼルス大谷翔平投手がまたもや快足ぶりを見せつけた。13日(日本時間14日)の敵地パドレス戦で、スクイズに合わせて三塁から絶好スタート。余裕のホームインでチームの勝利に貢献した。

 3戦ぶりにスタメンを外れた大谷は、ベンチから出場機会をうかがった。両先発が好投し、なかなか出番が回ってこなかったが、2-2の同点で迎えた延長10回に代打で打席へ向かった。2ボール1ストライクから4球目ボールで一塁走者ヤングが二盗。1死二塁と好機を広げた後の5球目、外角低め速球をきっちり見極めて四球で出塁した。

 カルフーンの右中間二塁打で1点勝ち越しに成功。なおも、三塁へ進んだ大谷は、続くフレッチャーがセーフティバントの体勢に入るやいなや、本塁に向かって激走した。打球は一二塁間に転がる絶妙なスクイズに。大谷は悠々とホームインし、4点目のホームを踏んだ。

 見事スクイズが決まった瞬間、地元テレビ局「FOXスポーツ・ウエスト」で解説を務める球団OBのマイク・グビザ氏は感嘆の声を上げるしかなかった。

「ショウヘイ・オオタニは、このプレーでスタートのタイミングが完璧でした。フレッチャーも完璧なバントでしたね。素晴らしい仕事です。走者としては、スタートを待たなければならない。セットポジションからの投球は特にです。ですが、彼は投手が投げる準備をした瞬間に飛び出しました。エリック・ヒンスキー(打撃コーチも、彼のタイミングに感激していることでしょう」

 グビザ氏の言葉どおり、スクイズが決まった瞬間、ヒンスキー打撃コーチはダグアウトで両腕を突き上げて成功を喜んでいた。

 スクイズの後にはアップトンが勝利を決定づける2ランを放ち、勝率を5割に戻したエンゼルス。大谷はわずか1打席ながら、存在感を十分に印象づけることになった。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索