【MLB】大谷翔平「4番・DH」で15試合連続スタメン 第1打席は空振り三振

【MLB】大谷翔平「4番・DH」で15試合連続スタメン 第1打席は空振り三振

15試合連続スタメン出場

 エンゼルスの大谷翔平投手が20日(日本時間21日)、敵地アスレチックス戦で「4番・DH」で15試合連続でスタメン出場。第1打席は空振り三振に倒れた。

 相手先発は16年目のベテラン右腕のエドウィン・ジャクソン。今季は15試合に登板し5勝3敗、防御率3.17の成績を残している。

 初回1死一、二塁のチャンスで第1打席に入った大谷。2ストライク1ボールからの4球目、79マイル(約128キロ)の内角カーブにバットは空を切った。

 この試合まで大谷は打者として94試合に出場し打率.292、20本塁打、55打点、9盗塁。2010年の松井秀喜氏に並ぶ日本人歴代5位タイの21号が出るか注目が集まる。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索