イチロー“満塁弾”の宮古島、1、2軍隣接の宮崎など オリックスキャンプ地の歴史

イチロー“満塁弾”の宮古島、1、2軍隣接の宮崎など オリックスキャンプ地の歴史

阪急ブレーブスは西宮球場でキャンプを始め、後に高知へ…

 阪急はプロ野球3番目の球団だ。ライバルの阪神電鉄が職業野球を結成するという電報を視察中のアメリカで聞いた、阪急の創業者・小林一三氏が、電報で「至急球団を作れ」と命じて、誕生したという逸話を持つ。

 プロ野球創設2年目には、西宮市内に西宮球場を作った。1953年、阪急ブレーブスはこの西宮球場で春季キャンプを始めた。一時期は芦屋市営球場や、姫路市立姫路野球場なども併用されたが、1961年には高知市野球場を春季キャンプ地とする。

 高知県での春季キャンプは、阪急ブレーブスが最初だった。長池徳二、福本豊、加藤秀司、山田久志ら、球史を彩ったブレーブスナインは、すべて高知でキャリアをスタートさせた。

 1988年、阪急からオリックスに親会社が変わると、翌1989年から春季キャンプは沖縄県糸満市の糸満市西崎球場で行われるようになる。1992年、ドラフト4位でオリックスに入団した鈴木一朗外野手は、この地で初めてプロのユニフォームにそでを通している。のちのイチローだ。

 1993年には、宮古島市民球場が春季キャンプ地となる。この球場は前年に開場したばかりの新しい球場だったが、沖縄本島から宮古島へは飛行機で約1時間。本土から最も遠いキャンプ地だった。しかし2月でも平均気温が18.8度という温暖な気候は、キャンプには最適だった。

沖縄・宮古島キャンプではイチローがランニング満塁本塁打を放つ

 宮古島がキャンプ地になって2年目、鈴木一朗はまだレギュラーではなかったが、キャンプでは見違えるような打撃を披露、この年に就任した仰木彬監督、新井宏昌コーチに注目され、2月21日に宮古島市民球場で行われた横浜とのオープン戦第1戦に「1番・中堅」で先発起用された。

 この試合で鈴木一朗は友利結(のちのデニー友利)から、ランニング満塁本塁打を打ち、周囲を驚かせた。仰木監督は鈴木を「一番・中堅」で起用することを決意、開幕直前には「イチロー」と登録名を変更させた。NPB、MLBの球史に残る史上最高の「安打製造機」は、宮古島で衝撃のデビューをしたといってもよいかもしれない。

 しかし、宮古島は沖縄本島からも遠く離れ、他球団との練習試合、オープン戦も難しい。2005年からオリックスは2軍の二次キャンプを高知市東部野球場に移行した。さらに、2015年には春季のメインキャンプ地を、宮崎市清武の宮崎市清武総合運動公園野球場に移転した。

 2015年は宮古島で2軍キャンプを行ったが、翌年には宮古島から完全に撤退。1軍、2軍ともに宮崎市での春季キャンプに一本化された。2015年9月には、メインのSOKKENスタジアムに隣接して第二野球場も建設され、2016年からは1、2軍が隣り合わせでキャンプを行うことが可能になった。

 宮崎市での春季キャンプの歴史は浅いが、ファンとの距離が近いこともあり多くのファンを集めている。「足湯」などの施設もあり、のんびりとキャンプ見物ができると好評だ。(広尾晃 / Koh Hiroo)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索