【女子プロ野球】グラブもお洒落なフローラみなみ 花の刺繍は「奄美の血が流れている」

【女子プロ野球】グラブもお洒落なフローラみなみ 花の刺繍は「奄美の血が流れている」

女子プロ野球選手のこだわりの道具を紹介

 日本女子プロ野球リーグ(JWBL)は22日、公式インスタグラムを更新し、昨年行われた女子プロ野球リーグの「美女9総選挙」で2位だった京都フローラのみなみ外野手の自慢の“相棒”を公開している。

 みなみが手にしているのは青と白のベースカラーでハイビスカスの刺繍が施された外野グラブ。打撃を武器にこれまではDHとしての出場だったが、昨季は左翼を守り本塁打女王にも輝いくなど新たな挑戦を見せた彼女をJWBL公式サイトでも特集。「こだわり道具紹介」とタイトルを付けインタビューを行っている。

 グラブの型、慣れない守備で影響を受けた選手など様々な質問に答えているが、注目はやはり“おしゃれグラブ”。ハイビスカス刺繍を入れた理由には「祖母が鹿児島の奄美大島に居て、遠いので滅多に会えないんですが、離れていても自分に『奄美の血』が流れていることを感じられるようにプレーしたいと思っています」と明かし、“奄美魂”を胸にプレーする決意を語っている。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索