【MLB】Aロッドが殿堂入り4選手を祝福「ブラザー、リベラ、史上初満票選出おめでとう」

【MLB】Aロッドが殿堂入り4選手を祝福「ブラザー、リベラ、史上初満票選出おめでとう」

元同僚マルティネスとムッシーナ、好敵手ハラデーも祝福

 米国野球殿堂は22日(日本時間23日)、2019年度の殿堂入り選出者を発表し、元ヤンキースで史上最多652セーブを誇るマリアーノ・リベラ氏が史上初の満票選出で殿堂入りを決めた。ヤンキースでチームメートだったアレックス・ロドリゲス氏は同日、自身のツイッターを更新し、リベラ氏をはじめ選出された4人を祝福した。

 Aロッドは自身のツイッターで「なんと素晴らしい殿堂2019年選出組!」と切り出すと、リベラ氏を親愛の感情をこめて「ブラザー」と呼びかけ、「ブラザー、マリアーノ・リベラ、史上初満票選出おめでとう」と祝仏。さらに「我が師、エドガー・マルティネス、我がチームメート、マイク・ムッシーナ、そして対戦した屈指の名投手、亡きロイ・ハラデー。選ばれた4人に心から祝福を」と続けた。

 1994年にマリナーズでメジャーデビューしたAロッドは、期待の若手選手としてマルティネス氏とともにプレー。レンジャーズを経て、2004年にヤンキース移籍後はリベラ氏、ムッシーナ氏とチームメートとなり、同地区ブルージェイズのエースとして活躍したハラデー氏と名勝負を繰り広げた。

 同時代のメジャーをともに盛り上げた仲間の快挙に、祝福の声を届けずにはいられなかったようだ。(Full-Count編集部)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索