【MLB】有資格最終10年目で悲願の殿堂入り マルティネス氏感激「恐縮と同時に光栄」

【MLB】有資格最終10年目で悲願の殿堂入り マルティネス氏感激「恐縮と同時に光栄」

三塁・DHで首位打者2度、309本塁打、2247安打、1261打点を記録

 マリナーズの伝説的プレーヤー、エドガー・マルティネス氏が22日(日本時間23日)、得票率85.4パーセントで米国殿堂選出を果たした。殿堂投票の対象となる最終10年目での選出について、自身のツイッターで「恐縮すると同時に非常に光栄に思います」と感激の様子だった。

 悲願の殿堂入りが叶った。マルティネス氏は1987年のメジャーデビュー以来、18年のキャリアを通じてマリナーズ一筋を貫いた。三塁手だったが、途中からDHに転向。首位打者2度、打点王1度、シルバースラッガー賞5度、球宴7度の実績を誇り、通算2247安打、309本塁打、1261打点の好成績を残していた。

 マルティネス氏は、自身のツイッターで「現役時代はもちろん、殿堂候補だった10年間を通じてサポートしてくれたマリナーズ、そして全てのファンに感謝します。圧倒されるほどのサポートを受け、恐縮すると同時に非常に光栄に思います。ありがとう!」と喜びを伝えた。(Full-Count編集部)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索