ロッテ種市が新フォームに挑戦 自主トレで千賀からアドバイス「自分を崩しに」

ロッテ種市が新フォームに挑戦 自主トレで千賀からアドバイス「自分を崩しに」

先発ローテ入り目指す20歳、久留米で千賀と合同自主トレ

 ソフトバンク千賀滉大投手らとともに、福岡・久留米市内のトレーニング合宿に参加していたロッテ期待の先発候補、3年目の種市篤暉投手。ロッテ浦和球場に姿を見せた22日にブルペンで40球を投げ、順調な調整ぶりをうかがわせた。

 この日、当初はブルペン入りを決めかねていた右腕だが、今回参加した自主トレで千賀やトレーナーの鴻江寿治氏に教わったことを「忘れないように」という思いが勝り、自然と足は室内練習場のブルペンへ向いた。

 中溝ブルペン捕手の構えるミットめがけての40球。威力を増したストレートが「パーン」と小気味いい音をブルペン内に響かせた。順調な仕上がりに自然と体が動いたのか、「結構投げました」とフォークボールも投じた。

 千賀らとの自主トレで多くのことを学んだが、この日ブルペンで一番意識していたのは「投球フォーム」だ。「(踏み出す)左足が着地する前に左肩が開かないように、と。それが自分の癖なので。そのことを千賀さんにすごい言われた」と、キャッチボールから左肩を意識しつつ、フォーム固めに力を注いでいる。

 実は、去年までの経験を踏まえ、自身も「このフォームでは1年間投げられない」と感じていたという。その思いもあり、変化を恐れずに今までの自分を壊して、新たに作り変えることを選んだ。

「変わることって普通は抵抗を感じることだと思うんです。失敗するんじゃないかって。でも、去年の投げ方じゃ自分はやっていけないって思って、今までの自分を崩しにいこうと思っていたので、今回(千賀投手に)教わって良かったと思いますね」

最初の照準は2月1日の紅白戦「しっかり練習していきたい」

 まだ打者を相手の投球練習は行っていないが、フォークを代名詞とする千賀からコツを直伝され、「精度が良くなったと思います」と笑顔。動作解析などを経て、ストレートの「伸びもすごい変わったと自分では思います」と大きな手応えを感じている。

 ボールを受けていた中溝ブルペン捕手も「(ウインターリーグに派遣されていた)11月のオーストラリアの時より良くなっている。ストレートの伸びもあるが、もともと武器だったフォークも安定して落ちていた」と、ミット越しにその成長を実感していた。

 学んだことは技術だけではない。「千賀さんも『ブルペンから考えてやらないと試合で修正できない』と言っていました。そして『ブルペンはしっかり考えて、テンポは遅くていいからちゃんと投げろ』って言われました」と話し、「ブルペン投球の心構え」も学んだ様子。投球動作の違いをいち早く察知し、修正するための基準を体に覚え込ませるためにも「すごく考えてブルペンでやっています」と明かす。

 開幕1軍、そして今季を通じて活躍を目指しているが、まずはキャンプ初日の紅白戦に照準を合わせる。「今日に関しては球がちょっと抜けていた。ボールの質自体は変わったと思いますが、これで紅白戦で打たれたら恥ずかしいので、しっかり練習していきたいと思います」と万全な仕上がりを目指す。

 破壊なくして創造なし――。自らの意思で新たにフォームを作り直した20歳右腕は、2月1日の紅白戦で新スター誕生の瞬間を見せつけられるのか。期待したい。(岩国誠 / Makoto Iwakuni)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索