【MLB】ダルビッシュの“左投げ”がまた話題 シカゴ地元紙が特集、操れるのは4球種!?

【MLB】ダルビッシュの“左投げ”がまた話題 シカゴ地元紙が特集、操れるのは4球種!?

以前から定評のあるダルビッシュの左投げ、投げられる変化球は…

 カブスのダルビッシュ有投手の“左投げ”が、またしても話題となっている。スプリングトレーニングで左手でキャッチボールする様子を見た地元紙「シカゴ・サンタイムズ」の記者が「カブスの右腕ユウ・ダルビッシュは、左投げだとどれほどの腕前だろうか?」とのタイトルで記事を掲載。本人が、スライダー、カーブ、チェンジアップを投げられると明かしたことも伝えている。

 記事では、ダルビッシュの左投げを「かなり洗練されており、強力である」と表現。さらに、取材に応じた本人は、14歳から左で投げ始めたこと、メジャーに来てからより良い球を投げられるようになったこと、などを明かしている。

 レンジャーズ時代の2015年3月に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受け、2016年5月に復帰したダルビッシュ。リハビリに約14か月を要したが、同紙は「手術からの回復の間、ダルビッシュは度々左で投げた」と紹介。そして、「その期間中のある時点で、左で投げた際のスピードガンでの最速は79マイル(約127キロ)だったと彼は話した」としている。本人はスライダー、カーブ、チェンジアップを左で投げられるとも明かしたという。

 また、メディア対応中のある“エピソード”を紹介。ダルビッシュがレンジャーズ時代にも同僚だった左腕ハメルズよりも自分のスライダーが良いと語った際、その言葉が耳に入ったハメルズは「笑っていたが、否定はしなかった」というのだ。ハメルズの持ち球は直球、カットボール、カーブ、チェンジアップ。スライダーは投げない。

 ダルビッシュは、左投げで調整する目的について、体のバランスを保つためだと過去にも説明している。記事でもそのことに触れつつ、「力強さとバランス、ごもっともだ。怪我の際、おそらく良い治療になるだろう」と指摘。最後に「試合で左で投げる可能性はあるのか? 彼とカブスの契約は5年残っている」として、負傷などで右腕が使えなくなってしまった場合、左投げて登板するとダルビッシュ本人が話したことを伝えている。

 昨季は補強の目玉としてカブスに加入しながら、怪我にも悩まされてわずか1勝に終わったダルビッシュ。完全復活へ向けて、スプリングトレーニングからは明るい話題しか聞こえてこない。まずは右腕として、メジャーの猛者たちをねじ伏せるピッチングに期待したいところだ。(Full-Count編集部)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索