【高校野球】被災を乗り越え、チーム結束の鵡川 鬼海監督「失ったものばかりじゃない」

【高校野球】被災を乗り越え、チーム結束の鵡川 鬼海監督「失ったものばかりじゃない」

23日には第91回選抜高校野球選手権大会の開会式を見学する

 昨年9月の北海道胆振東部地震で被災した鵡川高野球部が、仮設住宅から甲子園出場を目指している。春休みには例年通り和歌山合宿(串本町)を行い、23日には第91回選抜高校野球選手権大会の開会式と試合を見学する。

 室内練習場から選手24人の元気な声が響いてきた。「そろそろ“かわいそう”と思われるのは卒業しなきゃ。僕らは恵まれ過ぎていますよ」。出迎えてくれた鬼海将一監督はそう言って穏やかな笑みを浮かべた。「失ったものばかりじゃない。この半年、特に最初の2、3か月が内面を強くしてくれました」とたくましく成長した選手たちを優しく見つめた。

 1月中旬に集団で生活可能な選手寮タイプの仮設住宅に引っ越し、今でこそ落ち着いた生活を送るが、震災直後は全く先が見えなかった。

 震度6強の地震に見舞われたのは昨年9月6日午前3時7分。4階建ての旧野球部寮は激しく揺れ、停電した。道東の清里町から野球留学中の佐藤翼(1年)は「自分の命が危ない。なくなるかもしれないと思いました。2段ベッドの上にいたので、下に移動して2人で毛布にくるまっていたら、1階に集まれという連絡がありました。」と当時の様子を生々しく振り返る。

 鬼海監督が咄嗟に心配したのは津波だった。ししゃも漁で有名なむかわ町の中心部に建つ寮は海岸線から1キロ足らず。筑波大時代の友人たちからSNSを通じて津波の心配はないと情報が入手すると、避難はせずに明け方まで選手と一緒に1階のホールで過ごした。

 明るくなって目にした光景にがく然とした。食堂の大型冷蔵庫は倒れ、炊飯器にセットされていた大量の米が散乱し、どこから片付けて良いのか分からないほどメチャクチャだった。玄関のガラスは割れ、外に出ると、地盤沈下により建物を取り囲むように1メートル近い段差ができていた。学校のグラウンドの一塁側にあった防球ネットはすべて倒壊。「倒れたネットを見た時には震えました」と鬼海監督は話す。

 実はこの時期、チームは秋季北海道大会室蘭支部予選を目前に控えていた。「辞退は考えていませんでしたが、正直、野球どころではありませんでした」と鬼海監督はすぐに選手を各々の自宅に帰すことを決めた。学校再開で集合したのは11日。12、13日と2日間練習して14日の初戦に臨んだものの、苫小牧工に2-6で敗れた。

 初戦敗退して旧野球部寮に戻った夜、チーム内に新たな意識が芽生えた。内海陸主将(2年)が「(被災地のために)何かできることはありませんか」と鬼海監督に相談したのだ。指揮官の思いも同じ。「選手が自分たちからアクションを起こしてくれたことがうれしかった」とボランティアを最優先に活動することを決めた。

 農協を通じて情報を集め、イチゴのビニールハウスの撤去作業など人手を必要とする場所に出向いた。鬼海監督は「廃業を考えていた農家の方が、選手たちが一生懸命撤去作業する姿を見て『勇気をもらったからもう一度頑張る』と言ってくれました。そういうことが復興に近づくのかなと思いました」と語る。

野球部寮が半壊、大部屋暮らしとなったがプラスに

 選手たちがボランティア活動に注力していた頃、旧野球部寮には新たな問題が持ち上がっていた。建物が「半壊」と認定され、11月中旬に町の生涯学習センター「報徳館」への避難を余儀なくされた。

 1学年一部屋で10人分以上の布団が並ぶ。プライベート空間のない避難所での2か月近い生活はストレスが溜まるはずだが、内海主将は前向きに捉えた。「全員一緒に過ごすことで会話が増えて、いい経験になりました」。自然とミーティングの時間が増えた。「生活も野球も自分たち主体でやろうと話し合い、ルールも自分たちで決めました」。自由時間には好きな女の子の話をするなどプライベートでもお互いをよく知る機会になった。

 ボランティア活動と大部屋暮らしが選手たちを変えた。昨年4月から舎監を務める国井恒太朗コーチ(26)と荒木将伍コーチ(23)は間近でその変化を感じた。「いろんな方と交流する中で視野が広がり、コミュニケーションスキルが高くなりました」と国井コーチ。荒木コーチも「みんなの表情が明るくなり、人に話しかける機会が増えました」と話す。鬼海監督は「見られていること、注目されることで変わりました。周りの皆さんに育ててもらっています」と言う。

 室内練習場の内側に張り巡らされたネットは地震の激しい揺れで所々穴が空き、倒れた打撃マシンは7台中5台が故障して廃棄処分になった。それでも現状を悲観する選手は一人もいない。「生活は変わっても野球に影響は出ていないです。自分たちは野球ができていますが、まだ壊れたままの家もある。一層頑張って、元気な姿を見せたい」と内海主将は力を込める。

 名物監督だった佐藤茂富元監督が強力打線を築き上げ、02、04、09年と3度センバツに導いた道立校。02年センバツ出場時エースだった鬼海監督が17年夏に監督に就いた後も引き継がれるモットーの「元気、本気、一気」は、被災した8000人の町民に勇気を与える姿勢に違いない。

 22日には和歌山合宿に向けて出発、23日にはセンバツの開会式を見学する。「町のいろんな人たちから『勝ってくれ』と言われています。応援されているという無形のものを力に変えて、勝って恩返しをしたいです。目標は夏の甲子園出場」と内海主将。聖地の光景を目に焼き付け、町民の後押しを受けながら甲子園への道を一歩ずつ力強く歩む。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索