【MLB】バット投げ→報復死球で4人退場の乱闘劇「シカゴでバット投げが乱闘を呼ぶ」

【MLB】バット投げ→報復死球で4人退場の乱闘劇「シカゴでバット投げが乱闘を呼ぶ」

18日に行われたホワイトソックス・ロイヤルズ戦で退場者4人が出る乱闘騒動

■ロイヤルズ 4-3 ホワイトソックス(日本時間18日・シカゴ)

 17日(日本時間18日)に行われたホワイトソックス・ロイヤルズ戦で、ホワイトソックスのティム・アンダーソン内野手ら4人が退場となる乱闘騒動が起きた。MLB公式サイトは「シカゴでバット投げが乱闘を呼ぶ」と大きな物議を醸している。

“問題”はアンダーソンの“バット投げ”が発端だった。4回2死で先発右腕ケラーから通算50号となる左越え4号ソロ。よほど会心の当たりだったのだろう。その直後に三塁ベンチ方向へバット投げを決めている。

 その行為が気にいらなかったのか。ケラーはアンダーソンの6回先頭で臀部付近に92マイル(約148キロ)の直球をぶつけた。アンダーソンは当てられた瞬間、ケラーへ歩み寄る。両軍ベンチから首脳陣、選手が飛び出した。事態は1度は収まったかに見えたが、一塁線付近でレンテリア監督らが言い合いに。この騒動でホワイトソックスのアンダーソンとレンテリア監督、ロイヤルズのケラー、ウィルソン・ブルペンコーチの計4人が退場処分となった。

 MLB公式の動画コーナー「Cut4」は公式ツイッターで「子供は遊ばせろ」とアンダーソンのバット投げの様子を動画で紹介。ファンからは「人々『子供は遊ばせろ』同じ人々『違うそうじゃない』」、「三振を奪えばバット投げは起きないよ」、「自分はこういうのが大好きだ…もっと…もっとくれ…バット投げを…感情を…それがスポーツってもんだ」とコメントされていた。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索