西武ドラ1松本航、悔しさ糧に5回2失点でプロ初勝利 「自分を見つめることができた」

西武ドラ1松本航、悔しさ糧に5回2失点でプロ初勝利 「自分を見つめることができた」

ソフトバンクのドラ1甲斐野とは兵庫県選抜チームで共に汗を流し、全国優勝

■西武 9-3 オリックス(19日・京セラドーム)

 西武のドラフト1位ルーキー・松本航投手が19日のオリックス戦でプロ初先発し、5回2失点で初勝利を挙げた。松本航はウイニングボールを手に「ほっとしました」と安堵の表情を見せた。

 初登板でたかぶっていた気持ちも、一度マウンドに上がると不思議と落ち着いた。「色々(打者に対する)対策もあるかもしれないけど、自分のボールをしっかり投げられればいい」とバッテリーを組む森に声をかけられ、初回から女房役のミットめがけて懸命に腕を振った。

 3点リードで迎えた5回には1死二、三塁から適時打と犠飛で2点を失ったが、「最少失点で行きたいと思っていた」と粘りの投球を心がけた。2死一、二塁とピンチが続く場面で好調の大城を迎えるも、10球粘られながら最後は低めのカットボールで遊ゴロに仕留め、リードを守り切って降板。5回2失点と試合を作り、初勝利を手にした。

 日本体育大学から西武にドラフト1位で入団した松本航。回転数の高いストレートを武器に首都大学リーグでは菅野智之(巨人)以来の「通算30勝&300奪三振」を達成し、大学日本代表に選ばれるとエースとして国際舞台でもその力を発揮してきた。

 西武入団後はローテーション入りが確実となっていたが、3月下旬に軽度の肺炎を患い、療養を余儀なくされた。自らの調整が遅れる間に、同世代のルーキーが1軍の舞台で躍動し始めていた。その中でもソフトバンクのドラフト1位・甲斐野央(東洋大)とは中学時代に兵庫県選抜チームで共に汗を流し、全国優勝を勝ち取った仲だ。「悔しかった。自分もそういう舞台で早く投げたいと思っていた」とふがいなさが募った。療養で落ちてしまっていた筋力を取り戻しながら、ゲームには4月中旬に復帰。万全な状態でこの日の1軍初先発に挑んだ。

「悔しさを持ちながらずっとやってきた。自分を見つめることができたし、ポジティブに捉えている。いい時間だったと思います」と穏やかにほほ笑んだ松本航。同級生たちに先を越されてしまったが、この日やっと勝利にたどり着くことができた。この時間を糧に、誰にも負けない投手になってみせる。(安藤かなみ / Kanami Ando)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索