代打・ノムさん!に大歓声 ヤクルトOB戦で打席へ…予想外の結果に

代打・ノムさん!に大歓声 ヤクルトOB戦で打席へ…予想外の結果に

「GOLDEN 90's」を指揮 4回先頭で代打で登場

 ヤクルトの球団設立50周年を記念したOB戦「オープンハウス presents スワローズ ドリーム ゲーム」が11日、神宮球場で開催。「GOLDEN 90’s」を指揮する野村克也監督が1-6と5点を追う4回に代打で登場した。

 場内がどよめいた。野村監督の名前がコールされると、一塁ベンチに座っていた野村監督はニヤリと笑い、腰を上げた。真中満氏、古田敦也氏、川崎憲次郎氏に支えられ、打席へ向かった。

 かつての教え子と一緒に、まずはバットを杖のように使い、体を支えて打席へ。そして、ゆっくりと構えるとスタンドから拍手が起きた。マウンドには現在2軍投手コーチの松岡健一投手。1球目は見逃し、2球目をスイングして見せると神宮球場は沸いた。

 すると、相手ベンチ、バッテリーが“強打者”ノムさんに対して、“申告敬遠”。勝負を避けられたのだ。野村監督には代走が送られた。

 ゆっくりとした足取りで一塁ベンチに戻った。ヤクルトの黄金期を作った名将にスタンドからは温かい拍手が送られていた。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索