【MLB】菊池雄星のメジャー初完封を米メディアも続々速報「これを待っていた」「マダックスだ」

【MLB】菊池雄星のメジャー初完封を米メディアも続々速報「これを待っていた」「マダックスだ」

敵地ブルージェイズ戦で9回96球8奪三振1四球2安打無失点 9試合56日ぶり5勝目を挙げた

■マリナーズ 7-0 ブルージェイズ(日本時間19日・トロント)

 マリナーズの菊池雄星投手は18日(日本時間19日)、敵地ブルージェイズ戦で先発。メジャー初完封勝利を飾った。わずか96球で2安打8奪三振1四球に封じて今季5勝目。100球未満の完封は殿堂入り名投手にちなんで「マダックス」と呼ばれるが、菊池は05年のブルワーズ・大家友和(98球)、08年のドジャース・黒田博樹(91球)、14年のヤンキース・田中将大(97球)に次いで日本人投手4人目のマダックス達成者となった。

 9試合ぶり56日ぶりの勝ち星をメジャー初完封で飾った。米メディアも続々速報した。地元紙「シアトル・タイムズ」のマリナーズ番、ライアン・ディビッシュ記者は4回以降、イニングごとに自身のツイッターで菊池の投球を速報。試合後に「ユウセイ・キクチがメジャー初完封勝利。彼はブルージェイズを2安打1四球8奪三振に抑えた。4回以降は安打を許さなかった。素晴らしい立ち直りだった」と尻上がりに調子を上げた投球を評価した。同紙のコラムニスト、ラリー・ストーン記者は「それがマリナーズが見るのを待っていたユウセイ・キクチだ。2安打完封、そして“マダックス”――96球」と興奮気味に伝えた。

 MLB公式サイトのマリナーズ番、グレッグ・ジョン記者は「ユウセイ・キクチは日本時代に13度の完封勝利を飾ったが、100球以下の完封勝利はなかった。彼は96球しか必要としなかった。彼はそれまで“マダックス”が何たるかを知らなかったのだ」と伝えた。

 マリナーズの公式ツイッターは「96球で完封? そうだ、それはユウセイ・キクチによる“マダックス”だ」と綴った。MLB公式ツイッターは「効率的」と投球の画像付きで伝えた。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索