【MLB】大谷16号2ランは低空バックスクリーン弾! 高さ21メートルで19戦74打席ぶり一発

【MLB】大谷16号2ランは低空バックスクリーン弾! 高さ21メートルで19戦74打席ぶり一発

本拠地ホワイトソックス戦で「3番・DH」で2試合ぶり先発出場した

■エンゼルス – Wソックス(日本時間19日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、本拠地のホワイトソックス戦で「3番・指名打者」で2試合ぶりに先発出場。7回の第4打席で16号本塁打を放った。8月初アーチで、自己最長ブランクの19試合74打席ぶりの本塁打となった。

 5-1で迎えた7回無死一塁。2番手左腕デトワイラーからバックスクリーンへアーチをかけた。2ボール2ストライクから88.3マイルの外角カットボールをバットに乗せた。7月27日の本拠地オリオールズ戦の第2打席で放って以来のアーチ。初回2死は二ゴロ、3回1死二塁は空振り三振、5回先頭は右飛と3打席凡退した後の一発で、10日の敵地レッドソックス戦からの連続試合安打を自己最長の9に伸ばした。

 打球速度105マイル(約169キロ)、飛距離431フィート(約131.4メートル)、角度23度、最高到達点は71フィート(約21.6メートル)。柵越えまで4.8秒の弾丸ライナーだった。

 大谷は前日17日の同カードはベンチスタート。2-5で7回1死一塁で代打で登場し、3番手左腕フライから中前打。一挙4得点の猛攻を呼び込み、チームの逆転勝ちに貢献した。試合前までの今季成績は86試合出場し、打率.298、92安打、15本塁打、50打点、10盗塁。OPS.869となっていた。

 試合前、オースマス監督は「左打者としてトラウトの後に打ってもらうのがいいと思う。トラウトを歩かせようとしたらその次はオオタニがいるから下手に相手も歩かせようとはしない。1番として打ってもらおうかとも思ったんだけど、点を稼ぐことのできる選手だから3番かな。今は予定はないけどね」と期待していた。指揮官の期待に応える一発となった。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索