【MLB】大谷翔平、74打席ぶり16号 指揮官は量産を期待「本塁打をもっと打ってくれる」

【MLB】大谷翔平、74打席ぶり16号 指揮官は量産を期待「本塁打をもっと打ってくれる」

7回に19試合74打席ぶりの16号2ラン「ヒットを打ち続けていたから心配してなかった」

■エンゼルス 9-2 Wソックス(日本時間19日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、本拠地のホワイトソックス戦で「3番・指名打者」で2試合ぶりに先発出場。7回の第4打席で16号2ランを放った。8月初アーチで、自己最長ブランクの19試合74打席ぶりの本塁打。8回の第5打席では一塁内野安打を放ち、今季30度目のマルチ安打を記録。5打数2安打2打点1得点1三振で、打率.299とした。チームは9-2で大勝し、2連勝を飾った。

 久々の一発は5-1で迎えた7回無死一塁だった。大谷は2番手左腕デトワイラーからバックスクリーンへアーチをかけた。2ボール2ストライクから88.3マイル(約142キロ)の外角カットボールをバットに乗せ、7月27日(同28日)の本拠地オリオールズ戦の第2打席で放って以来のアーチ。大谷は「かなり久々な感じでしたけど、ホッとはするんじゃないかと思います。そこまで厳しい球ではなかったですけど、追い込まれていた割には良かったかなと思います。焦りというか、求められているところは単打ではないので。チームに求めれている仕事が出来ないなというのはあったかなと思います」と振り返った。

 大谷は昨年10月に右肘のトミー・ジョン手術を受けた影響で5月7日(同8日)に打者として復帰。前半戦で14本塁打を放ったが、オールスター戦後は2本目だった。オースマス監督は「彼はヒットを打ち続けていたから心配していなかった。本塁打をもっと打ってくれるだろう」と量産を期待した。(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索