西武・辻監督、山川2発を喜ぶも…中村も「安定」で嬉しい悲鳴「4番に戻すの難しい」

西武・辻監督、山川2発を喜ぶも…中村も「安定」で嬉しい悲鳴「4番に戻すの難しい」

山川の「嬉しい2発」が飛び出し大勝「打線の組み換えは難しい」

■西武 11-6 日本ハム(21日・メットライフ)

 西武が21日の日本ハム戦(メットライフ)で11-6の大勝。2連勝でカード勝ち越しを決めた。先発の榎田が5回4失点と苦しみながらも、約3か月ぶりの3勝目。山川が2本塁打を放ち、打線を牽引した。敗れた日本ハムは5回2死満塁の好機で4番・清宮が二飛に倒れるなど勝ち越せず、守備でも5失策と流れをつかみきれなかった。

 西武は同点で迎えた2回、山川の36号ソロで勝ち越しに成功すると、金子侑の3号2ランなどでこの回一気に4点を奪い、日本ハム先発・加藤をノックアウト。1点差に迫られた5回には山川のこの日2本目となる2ランが飛び出し、再びリードを広げた。

 終わってみれば12安打11得点で快勝。辻監督は「心強い。嬉しい2発」と山川の2本塁打を喜んだが、「4番に戻すのは難しい。(4番に座る)中村は一番安定しているし、チャンスにも強く、四球を選ぶこともできる。今日2本打ったからくらいでは、そう簡単にはね。栗山もメヒアもいるし、打線の組み換えは難しい」と嬉しい悲鳴を上げていた。

 投げては先発・榎田が5回4失点で5月24日の日本ハム戦以来の3勝目。5回には2死満塁と絶体絶命のピンチを背負ったが、1打席目でソロ本塁打を浴びていた4番・清宮を二飛に打ち取り窮地を脱した。「祈りました。彼のスイングスピード、長打力は怖い」と肝を冷やしたという指揮官。追い上げられながらも効果的に得点を重ね、チームは2桁得点の快勝でカード勝ち越しを決めた。辻監督は「明日はまた負けられない。どんな形でも勝つ」と言葉に力を込めた。(安藤かなみ / Kanami Ando)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索