【U-18W杯】大船渡・佐々木、侍の守護神に浮上 初対外試合で9回に登板無失点「やるしかない」

【U-18W杯】大船渡・佐々木、侍の守護神に浮上 初対外試合で9回に登板無失点「やるしかない」

1か月ぶりの実戦登板で最速153キロ、1イニングを無安打1四球無失点

 30日から韓国・機張(きじゃん)で行われる「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に参加する高校日本代表は24日、都内のグラウンドで駒大を相手に初の対外試合をダブルヘッダーで行い、1勝1敗だった。第1試合は5-0で勝利し、第2試合は3-4で敗れた。注目の163キロ右腕、大船渡・佐々木朗希投手(3年)は第1試合の9回に登板し、最速153キロをマークして1回を無安打1奪三振1四球で無失点投球。本番でも抑えを務める可能性が出てきた。

 5点リードの9回、佐々木がしっかり試合を締めくくった。先頭打者をフォークで三振に仕留めると、次打者をスライダーで遊飛に。続く打者に四球を与えたが、最後の打者をスライダーで遊ゴロに打ち取った。15球を投げて無安打無失点リリーフ。最速は、バックネット裏のプロ野球スカウトのスピードガンで153キロを計測した。

「点数をつけるなら60点くらい。無失点はよかったですが、四球があったので。リリーフは慣れない部分があるので楽ではないです。少し大変でした」

 7月24日の第101回全国高校野球選手権大会・岩手大会準決勝(対一関工)以来、ちょうど1か月ぶりの実戦マウンド。佐々木は2度ブルペンに入って準備を整えた。抑えでの登板は中学時代以来。「前の投手に何かあったらすぐにいかないといけないし、試合の流れを自分でつくれない。そこが難しいですね」と3年ぶりの救援登板を振り返った。

 現時点ではワールドカップの起用法は決まっていない。永田監督は「(大会前に)もう1試合あるので、それを見て決めたい」と明言を避けた。ただ、この日のクローザーでの登板は前日23日に永田監督が佐々木本人に伝えていた。本番を見越してのテスト登板だった可能性が高い。確かに、160キロ超の速球だけではなく、スライダー、フォークと、空振りを取れる球を複数持つだけに、守護神としてはこれ以上ない存在だ。

「リリーフは少し不安もありますが、ここまできたらやるしかない」と佐々木。悲願の世界一へ、覚悟はできているようだ。(片倉尚文 / Naofumi Katakura)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索