【MLB】大谷翔平、“疑惑の判定”に泣く 敵地実況&解説、二塁走塁死は「セーフですね」

【MLB】大谷翔平、“疑惑の判定”に泣く 敵地実況&解説、二塁走塁死は「セーフですね」

4回に中前安打を放つと一気に二塁を狙うも、タッチアウトに

■アストロズ 5-2 エンゼルス(日本時間25日・ヒューストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は24日(日本時間25日)、敵地アストロズ戦に「3番・DH」で2試合連続でスタメン出場し5打数1安打3三振だった。4回の第2打席で中前安打を放ち、メジャーで自身初となるシーズン100安打に到達した。

 4回1死二塁で打席に立った大谷は左腕マイリーから、今季100本目となる安打を放った。一塁ベースを回ると、相手守備のスキを突いて一気に二塁への進塁を狙った。だが、ここは相手の好送球もあってタッチアウトとなり、走塁死となった。

 際どいタイミングの末にアウトとなったこの判定だが、敵地ヒューストンで試合を中継する「AT&Tスポーツネット」の実況と解説は、この大谷の走塁は“セーフ”だったと認めている。

 この場面、リプレー映像を確認した「AT&Tスポーツネット」の実況トッド・カラス氏と解説を務めたジェフ・ブラム氏は「セーフですね」と声を揃えた。カラス氏が「彼の方が(先にベースに)タッチしています」と伝えた。

 だが、リプレー検証を行った審判団の判定はアウト判定のまま。この結果にカラス氏は「これは驚きですね」と驚きを口に。アストロズやダイヤモンドバックスなどで14年間メジャーでプレーしたブラム氏が「ハハハ!」とまさかのアウト判定に笑ってしまうほどだった。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索