【MLB】万年最下位から世界一へ 「ミラクル・メッツ」から50年目 快進撃の再現なるか

【MLB】万年最下位から世界一へ 「ミラクル・メッツ」から50年目 快進撃の再現なるか

ニューヨークに生まれたお荷物球団「まだこのような負け方があったのか」

 今年はメッツがワールドシリーズ初優勝を飾ってから、ちょうど50年目になる。球団創設から8年目の1969年。誕生間もないお荷物球団が一気に頂点に立った。「ミラクル・メッツ」に地元ニューヨークは大騒ぎ。パレード当日の天気予報は「晴れ、ところによって紙吹雪」と粋なことが言われたものだ。

 メッツはニューヨーカーが待ち望んだナ・リーグの球団だった。1957年のシーズンを最後にジャイアンツとドジャースが西海岸へ移転。ニューヨークにはア・リーグのヤンキースしかなくなってしまった。そこへ1962年、メッツが生まれたのだった。

 最初の指揮官はヤンキースで7度ワールドシリーズを制したケーシー・ステンゲル監督。だが、この名将をもってしても戦力不足のチームは低迷した。来る日も来る日も負けばかり。熱心なファンは「これだけ負けているのに、まだこのような負け方があったのか。なんてクリエイティブなチームだ」と、呆れを通り越して感心したという話が伝えられている。

 1年目の成績は40勝120敗1分けの史上最低勝率。優勝したジャイアンツに60.5ゲームもの大差をつけられた。投手陣の勝ち頭は10勝のロジャー・クレイグ。ただし、この年最多の24敗を喫した。なおこのクレイグ、スプリット・フィンガード・ファストボールの生みの親として知られている。

 2年目以降も浮上の気配は見えない。1968年までの7年間で、ナ・リーグ10球団中9位が2度、10位が5度という有り様だった。

万年最下位から急転、ミラクル・メッツの快進撃

 そして、いよいよ1969年である。ドジャースの強打者だったギル・ホッジス監督は就任2年目だった。

 この年、メジャーリーグには大きな変化があった。ナ・リーグでパドレスとエクスポズ(現ナショナルズ)、ア・リーグではロイヤルズとパイロッツ(現ブルワーズ)が加わり、両リーグとも12球団ずつになった。そこで両リーグとも東西2地区制になった。メッツはカブスとカージナルス、パイレーツ、フィリーズ、エクスポズとともにナ・リーグ東地区所属になった。

 メッツの下馬評は当然ながら高いものではなかった。けれども、期待の声もあった。1967年に16勝で新人王に輝き、翌年も16勝した24歳の右腕トム・シーバーや、1968年に19勝した26歳の左腕ジェリー・クーズマンといった、若い投手たちが成長していたからだ。

 開幕直後はいまひとつで、4月は9勝11敗と出遅れた。そこから徐々に調子を上げ、53勝39敗の地区2位で前半を終えた。

 後半も2位を保つが、首位を快走するカブスとの差は縮まらない。8月13日には3位に転落。カブスとの差は10ゲームあった。

 ところが、ここから反撃を始める。8月13日以降、公式戦閉幕までに10連勝と9連勝が1度ずつで6連勝が2度と爆発。140試合目の9月10日に単独首位に立ち、最終的には100勝を挙げ、2位のカブスに8ゲームもの差をつけてナ・リーグ東地区の初代王者になった。

 強力投手陣がチームを引っ張った。先発ではシーバーが25勝で最多勝(7敗)。クーズマンが17勝9敗、ゲーリー・ジェントリーが13勝12敗。3人とも投球回数は200を超えた。後の奪三振王であるノーラン・ライアンがメジャー3シーズン目の22歳で、先発も救援も務めて6勝3敗の成績を残した。抑えには右のロン・テイラーと左のタグ・マグローを擁し、それぞれ13セーブと12セーブをマークした。

 ポストシーズンでも勢いに乗って突き進んだ。リーグ・チャンピオンシップ・シリーズで、ハンク・アーロンのいたブレーブスを無傷の3連勝で撃破した。

 オリオールズとのワールドシリーズでは、第1戦をシーバーで落とすも第2戦から4連勝。第5戦の最後はクーズマンがデービー・ジョンソンを左飛に仕留めた。

 このジョンソンは1986年にメッツの監督としてワールドシリーズ制覇を遂げる。奇妙な縁である。

 メッツは日本と縁の深い球団でもある。ジョンソンは1975年から2年間、巨人でプレーしたし、ロッテ監督を務めたボビー・バレンタインとオリックス監督を務めたテリー・コリンズがメッツの監督でワールドシリーズに進んでいる。

 在籍した日本選手も多い。柏田貴史、吉井理人、野茂英雄、新庄剛志、小宮山悟、松井稼頭央、石井一久、高津臣吾、高橋建、高橋尚成、五十嵐亮太、松坂大輔、青木宣親といった選手がプレーしている。他にマック鈴木(鈴木誠)がマリナーズからトレードされ、試合に出場することなくロイヤルズに移籍している。

初優勝から50周年、ミラクルの再現なるか…

 今年6月29日に50年前の優勝を記念するセレモニーが行われた。ホッジス監督はすでに他界しており、シーバーは認知症を患っていて欠席。ライアンも出席しなかった。それでも優勝メンバー15人がシティ・フィールドに集まり、ファンを喜ばせた。

 76歳のクーズマンは「野球をよく知っている、世界一のファンに覚えていてもらって光栄だ。メッツでプレーできたのは、本当に幸福だった」と、感謝の気持ちいっぱいで話していた。

 さて、その最高のファンの期待に今季のメッツは応えることができるだろうか?

 50年前のチームはレギュラーシーズンでのチームOPSが.662。ここ50年間のワールドシリーズ王者では、OPS.657だった1988年のドジャースに続き、2番目に低い数字だった。投手陣は強力だったが、打線は迫力を欠いていた。

 今のメッツにも昨季サイ・ヤング賞のジェイソン・デグロムやノア・シンダーガードという好投手がいる。それに加えて8月18日に40号本塁打を放ってナ・リーグ新人最多記録を更新したピート・アロンソがいる。ヨエニス・セスペデスがシーズンを棒に振り、ロビンソン・カノも8月に入って戦列を離れて苦しい中、新人ながら打線の中心になっている。

 チームの成績はというと、前半戦は40勝50敗と借金10で首位に13.5ゲーム差だった。だが、7月から8月にかけての16試合で15勝1敗と白星を量産。8月14日には首位まで10ゲーム差であった。

 前述の通り、1969年は8月13日に首位まで10ゲーム差だったのを引っ繰り返した。似たような数字である。

 ミラクル・メッツから50年という節目の年を迎えた今季。これからの頑張りを楽しみに見ていきたいと思う。(樋口浩一 / Hirokazu Higuchi)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索