U-18侍Jはまだゼロ 大学代表はすでに7人提出…これまでのプロ志望届動向

U-18侍Jはまだゼロ 大学代表はすでに7人提出…これまでのプロ志望届動向

高校は通算58発の常総学院・菊田、最速148キロ右腕の和歌山東・落合らが提出

 日本高野連は4日、全日本大学野球連盟は5日から2019年度の「プロ野球志望届」提出者の掲載を開始した。平日は毎日更新されており、14日現在でプロ志望届提出者は、高校生59人、大学生37人となっている。

 高校生では、高校通算58発の常総学院・菊田拡和外野手、最速148キロ右腕の和歌山東・落合秀市投手、高校日本代表1次候補合宿に選出された東海大札幌・小林珠維投手ら59人が提出した。一方で、侍ジャパン高校代表の選手たちは「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に出場していたため、現時点でまだ提出はない。

 大学生は「第43回 日米大学野球選手権大会」に出場した侍ジャパン大学代表24人の中から7人が提出。強肩強打の東海大・海野隆司捕手、最速151キロ右腕の日体大・吉田大喜投手、俊足好打で外野手もこなす東洋大・佐藤都志也捕手ら37人が提出している。

 高校生と大学生を合わせて、ここまで公示されたのは計96人。2018年は最終的に計233人が提出した。今後は星稜・奥川、大船渡・佐々木らの動向にも注目が集まる。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索