【高校野球】侍U-18から八戸学院光星・武岡、興南・宮城、津田学園・前が志望届提出 侍から一番乗り

【高校野球】侍U-18から八戸学院光星・武岡、興南・宮城、津田学園・前が志望届提出 侍から一番乗り

武岡と宮城は「第29回 WBSC U-18ワールドカップ」に出場

 日本高野連は17日、2019年度の「プロ野球志望届」の提出者一覧を更新し、「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」の侍ジャパンU-18高校代表だった八戸学院光星の武岡龍世内野手、津田学園の前佑囲斗投手、興南の宮城大弥投手ら、新たに15人が志望届を提出した。

 武岡は走攻守3拍子揃った遊撃手で、侍ジャパンU-18高校代表でも中心選手として活躍。前は最速152キロを誇る本格派の右腕。変化球も多彩で、ワールドカップでも活躍した。宮城は左腕から最速149キロの真っ直ぐとキレのあるスライダーを投げ込む投手。カブスのダルビッシュ有投手からも絶賛された。

 先のU-18ワールドカップ出場していた侍ジャパンメンバーの志望届提出はこの3人が初。高校代表のメンバーでは、志望届提出一番乗りとなった。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索