注目の奥川、佐々木は未提出 侍ジャパン経験者の志望届提出状況は…

注目の奥川、佐々木は未提出 侍ジャパン経験者の志望届提出状況は…

ここまで提出の計145人中、高校生5人、大学生15人が侍ジャパンを経験

 日本高野連は4日、全日本大学野球連盟は5日から2019年度の「プロ野球志望届」提出者の公示を開始した。約2週間でここまで高校生89人、大学生56人の計145人が提出している。ここまでに提出した145人の中で、過去にU-18より上の世代の侍ジャパンのユニフォームに袖を通した選手たちを紹介する。

 高校生では「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に出場した侍ジャパンU-18高校代表から、前佑囲斗(津田学園)、宮城大弥(興南)、武岡龍世(八戸学院光星)、石川昂弥(東邦)、韮澤雄也(花咲徳栄)の5人が、既に志望届を提出した。昨年のアジア選手権にも2年生としてただ1人出場した奥川恭伸(星稜)、最速163キロ右腕・佐々木朗希(大船渡)は未だ提出していない。

 大学生では、「第43回日米大学野球選手権大会」に出場した大学代表から、吉田大喜(日体大)、森下暢仁(明大)、郡司裕也(慶大)、佐藤都志也(東洋大)、海野隆司(東海大)、柳町達(慶大)、安本竜二(法大)、宇草孔基(法大)の8人が提出。森下は大分商時代に「第27回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に出場、大学代表にも2年生から選ばれており、侍ジャパンとして計6回の国際大会に出場している。

 その他にも、天理高時代に「第27回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に出場した船曳海(法大)、森下とともに2年生で日米大学野球に出場した津森宥紀(東北福祉大)、2015年夏の甲子園ベスト4で「第6回 FISU世界大学野球選手権大会」に出場した加藤雅樹(早大)らが提出。侍ジャパンを1度でも経験した選手は15人となっている。

 提出の締め切りは10月3日、ドラフト会議は17日に行われる。これから何人の侍ジャパン経験者が提出するのか注目だ。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索