オリ安達は右頬骨の打撲 ソフトバンク戦の8回に牽制球が右頬を直撃し交代

オリ安達は右頬骨の打撲 ソフトバンク戦の8回に牽制球が右頬を直撃し交代

大阪市内の病院でレントゲン・CT検査を受けた

 オリックスは22日、安達了一内野手が大阪市内の病院でレントゲン・CT検査を受けた結果、右頬骨の打撲と診断されたと発表した。

 安達はこの日、京セラドームで行われたソフトバンク戦に「8番・遊撃」で出場。8回に四球で出塁して一塁走者となると、ソフトバンク6番手の武田の牽制球が右頬に直撃し、途中交代していた。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索