熾烈なパの優勝争いの結末は? 西武がM3も、鷹は日程面にメリット

熾烈なパの優勝争いの結末は? 西武がM3も、鷹は日程面にメリット

西武は“苦手”楽天と2試合、ソフトバンクは“得意”オリックスと3試合

 西武とソフトバンクが熾烈な優勝争いを繰り広げるパ・リーグ。22日に西武が楽天に敗れ、ソフトバンクがオリックスに勝ったことで、その差は再び1ゲーム差に接近した。西武のマジックは「3」のままとなり、マジック点灯後初めて足踏みすることとなった。西武は残り3試合、ソフトバンクは残り4試合となり、最後の最後まで優勝の行方が分からない状況となっている。

 西武の2年連続リーグ優勝、ソフトバンクの逆転での2年ぶり優勝、どちらの可能性もある中、両チームの今後の日程から優勝の行方を見てみよう。

 3試合を残す西武の今後の試合日程は以下のようになっている。

23日:楽天(楽天生命)先発:本田
24日:ロッテ(ZOZO)予想先発:ニール
25日:移動日
26日:楽天(楽天生命)予想先発:十亀or松本航

 ソフトバンクの残り試合の予定は以下だ。

23日:オリックス(京セラD)先発:高橋礼
24日:楽天(楽天生命)予想先発:千賀
25日:移動日
26日:試合なし
27日:移動日
28日:オリックス(京セラD)予想先発:高橋礼
29日:オリックス(京セラD)予想先発:千賀

 西武はCS進出のかかる楽天と2試合、ロッテと1試合を残す。この2チームで3位を争っており、どちらもシーズン最後まで目標を持って戦っているだけに手強い相手と言える。しかも、西武は楽天に苦戦。この日シーズンの負け越しが決まり、楽天生命パークでは3勝6敗と負け越している。しかも、岸、則本昂という難敵の先発が見込まれる。

 一方、ソフトバンクは残り4試合のうち、最下位オリックスと3試合を残している。今季は14勝6敗と大きく勝ち越している“お得意様”である。京セラドームも5勝1敗1分と好相性を誇っている。高橋礼、千賀の2本柱を中4日で回し、4試合を2人でまかなえるのもプラス材料になる。楽天とは13勝11敗で勝ち越しを決め、楽天生命パークでは5勝6敗。唯一のネックは、苦手の美馬の先発が予想される点か。

 1ゲームの差をつけている西武が現状、優位にあるのは間違いない。ソフトバンクは残り試合で1つの負けも許されないだろう。ただ、ここからの対戦相手を見ると、逆転の可能性もおおいに孕んでいる。目が離せないパ・リーグの優勝争い。西武か、ソフトバンクか。最後まで予断を許さない。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索