アジアを席巻した宝刀スライダーで勝負 日本ハム期待の新人ドラ1堀

アジアを席巻した宝刀スライダーで勝負 日本ハム期待の新人ドラ1堀

昨夏甲子園では3試合で防御率1.20、U-18代表では3試合を無失点

 各地で新人合同自主トレが開催され、2月1日のキャンプインに向けて準備を進めるルーキー達のハツラツとした様子が伝わってくる。日本ハムにドラフト1位で入団した左腕・堀瑞輝投手(広島新庄)もその1人だ。

 昨年の高校野球は、横浜・藤平(楽天)、履正社・寺島(ヤクルト)、花咲徳栄・高橋(広島)、作新学院・今井(西武)の“高校BIG4”が大きな話題を呼んだが、その影に隠れながらも、しっかりと評価を高めていたのが堀だ。広島新庄では1年夏からベンチ入り。2、3年夏に連続して甲子園出場を果たした。昨夏の甲子園では3試合を1人で投げ抜き、30回を投げて失点はわずかに4、防御率1.20の好成績を残した。

 U-18代表メンバーとして出場したアジア選手権では、慣れない中継ぎ起用となったが、3試合に登板して9回2/3を1安打18奪三振無失点という圧巻のピッチングを披露。チームがピンチの場面に登場しても動じず、気迫のこもったピッチングを披露する姿に、代表を率いた小枝守監督は「試合の流れを変える力を持つ投手」と絶大な信頼を寄せていた。

 スリークオーター気味のフォームから繰り出される速球は、昨秋の岩手国体で最速150キロを計時。キレのいい速球やチェンジアップにも定評はあるが、最も高く評価されているのがスライダーだ。U-18アジア選手権決勝チャイニーズ・タイペイ戦では、2度目の対戦にも関わらず、相手打線は堀のスライダーに対応できず、三振の山を築き上げた。

「一番自信がある」スライダー、その特長は…

 スライダーは堀自身「一番自信がある」と話す。

 その球種で同世代の各国代表を封じられた結果は「自分が思っていた以上」。分かっていても対応することができないチャイニーズ・タイペイ打線、韓国打線を見て、当時小枝監督は「(スライダーの)曲がりが打者の手元なので、スイングができないんでしょうね」と分析していた。

 日本ハムの新入団選手発表記者会見では、自己紹介で「僕は『暗い男』です。目立つことが得意ではないので……。これから克服していければ」と珍回答した左腕。「普段は静かな方。でも、野球の時は、すごく気合を入れます。マウンドの上に立つ時は『自分が絶対に抑える』って思ってやっています」と、野球では常に強気に攻めていく。

 アジアを席巻した“宝刀”スライダーを持つ堀が、選手育成に定評ある日本ハムで、プロとしてどのように成長していくのか。左腕の成長ぶりが楽しみだ。

関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索