奥川、佐々木、森下はどこが引き当てる? ドラ1最初の入札でくじ運が強い球団は

奥川、佐々木、森下はどこが引き当てる? ドラ1最初の入札でくじ運が強い球団は

外れ1位を除く、直近10年間のくじ引き結果を振り返る

 17日に行われる「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が近づいてきた。今年も大船渡・佐々木朗希投手や星稜・奥川恭伸投手、明大の森下暢仁投手ら有力なドラフト1位候補がそろう。3投手については競合によるくじ引きは確実とみられており、佐々木や奥川を引き当てる“運がある”球団はどこだろうか? 過去10年間の1位指名の成績を振り返る(外れ1位のくじ引きは除く)。

○ロッテ【8回中4回】
2018年 〇藤原恭大(3球団)
2017年 ×清宮幸太郎(7球団)
2016年 ×田中正義(5球団)
2015年 〇平沢大河(2球団)
2013年 〇石川歩(2球団)
2012年 ×藤浪晋太郎(4球団)
2011年 〇藤岡貴裕(3球団)
2010年 ×斎藤佑樹(4球団) 

 この10年間で当たりくじを引いた回数はロッテと日本ハムの4回が最多。ロッテの8回中4回は12球団トップの的中率50%、昨年は井口監督自らくじを引いて藤原の交渉権を得た。2009年は荻野貴司、14年は中村奨吾を一本釣りしている。

○日本ハム【9回中4回】
2018年 ×根尾昂(4球団)
2017年 〇清宮幸太郎(7球団)
2016年 ×田中正義(5球団)
2015年 ×高橋純平(3球団)
2014年 〇有原航平(4球団)
2013年 ×松井裕樹(5球団)
2011年 〇菅野智之(2球団)
2010年 〇斎藤佑樹(4球団)
2009年 ×菊池雄星(6球団)

 メジャーに挑戦すると考えられていた2012年の大谷翔平以外、すべて競合。斎藤、有原は当時の球団社長が引き当て、17年の清宮は木田GM補佐(当時投手コーチ)が交渉権を得た。親交のあるタレント明石家さんまさんから「左手でいけ」とアドバイスを受けたことも話題になった。

○中日【7回中3回】
2018年 〇根尾昂(4球団)
2017年 ×中村奨成(2球団)
2016年 〇柳裕也(2球団)
2015年 ×高橋純平(3球団)
2013年 ×松井裕樹(5球団)
2011年 〇高橋周平(3球団)
2009年 ×菊池雄星(6球団)

 昨年の根尾には巨人、ヤクルト、日本ハム、中日の4球団が競合。就任したばかりの与田監督が4球団のうち一番最初にくじを引いて見事引き当てた。2010年に大野雄大、12年に福谷浩司、14年に野村亮介を単独指名している。

○広島【7回中3回】
2018年 〇小園海斗(4球団)
2017年 〇中村奨成(2球団)
2016年 ×田中正義(5球団)
2014年 ×有原航平(4球団)
2013年 〇大瀬良大地(3球団)
2012年 ×森雄大(2球団)
2010年 ×大石達也(6球団)

 2017年の中村、18年の小園と2年連続で引き当てている。ただ、いずれもくじを引いたのは今季限りで退団した緒方孝市監督。今年はどうなるか。単独指名は09年今村猛、11年野村祐輔、15年の岡田明丈。

○楽天【9回中3回】
2018年 ×藤原恭大(3球団)
2017年 ×清宮幸太郎(7球団)
2015年 ×平沢大河(2球団)
2014年 〇安楽智大(2球団)
2013年 〇松井裕樹(5球団)
2012年 〇森雄大(2球団)
2011年 ×藤岡貴裕(3球団)
2010年 ×大石達也(6球団)
2009年 ×菊池雄星(6球団)

 この10年間で単独指名は2016年の藤平尚真のみ。競合覚悟で指名している。12年から森、松井、安楽と3連勝したが、ここ3年間は3連敗。逆にそろそろ当たる時期か。

○ソフトバンク【7回中3回】
2018年 ×小園海斗(4球団)
2017年 ×清宮幸太郎(7球団)
2016年 〇田中正義(5球団)
2015年 〇高橋純平(3球団)
2013年 ×松井裕樹(5球団)
2012年 〇東浜巨(3球団)
2010年 ×斎藤佑樹(4球団) 

 2年連続レギュラーシーズン2位から日本シリーズ進出を決めた工藤監督は、ここ2年間は連敗も2015年に高橋純平、16年に田中正義を引き当てている。09年今宮健太、11年武田翔太、14年に松本裕樹を単独指名。

ヤクルトは1位指名で競合になれば9連敗中…

○阪神【8回中2回】2連敗中
2018年 ×藤原恭大(3球団)
2017年 ×清宮幸太郎(7球団)
2015年 〇高山俊(2球団)
2014年 ×有原航平(4球団)
2013年 ×大瀬良大地 (3球団)
2012年 〇藤浪晋太郎(4球団)
2010年 ×大石達也(6球団)
2009年 ×菊池雄星(6球団)

 2017年清宮、18年藤原と2連敗中。15年の高山俊はヤクルトと競合し、就任したばかりの金本新監督が当たりくじを引いた。11年の伊藤隼太、16年の大山悠輔は単独指名だった。

○西武【4回中2回】2連敗中
2017年 ×田嶋大樹(2球団)
2012年 ×東浜巨(3球団)
2010年 〇大石達也(6球団)
2009年 〇菊池雄星(6球団)

 2009年の菊池雄星、10年の大石達也はいずれも6球団競合の“難関”だったが、いずれも渡辺久信監督(現GM)が引き当てた。この10年間で競合4回は12球団最少。2011年十亀剣、13年森友哉、14年高橋光成、15年多和田真三郎、16年今井達也、18年は松本航と効率よく一本釣りしてきた。

○オリックス【5回中1回】
2018年 ×小園海斗(4球団)
2017年 〇田嶋大樹(2球団)
2012年 ×藤浪晋太郎(4球団)
2011年 ×高橋周平(3球団)
2010年 ×大石達也(6球団)

 競合して引き当てたのは2017年の田嶋大樹のみ。2009年古川秀一、13年吉田一将、14年山崎福也、15年吉田正尚、16年山岡泰輔は単独指名で交渉権を得た。

○巨人【5回中0回】
2018年 ×根尾昂(4球団)
2017年 ×清宮幸太郎(7球団)
2016年 ×田中正義(5球団)
2013年 ×石川歩(2球団)
2011年 ×菅野智之(2球団)

 競合して交渉権を得たのはこの10年で一度もない。3年連続で競合覚悟で入札しており、今年はどうか。2009年長野久義、10年澤村拓一、12年菅野智之、14年岡本和真、15年桜井俊貴を単独指名。

○DeNA【7回中0回】
2018年 ×小園海斗(4球団)
2016年 ×柳裕也(2球団)
2014年 ×有原航平(4球団)
2013年 ×松井裕樹(5球団)
2012年 ×東浜巨(3球団)
2011年 ×藤岡貴裕(3球団)
2010年 ×大石達也(6球団)

 この10年間で7戦7敗と運に見放されている。ただ2014年山崎、16年に浜口、18年に上茶谷と外れ1位で結果を残しているのも特色の一つ。2009年に筒香嘉智、15年今永昇太、17年東克樹を一本釣りしている。

○ヤクルト【9回中0回】9連敗中
2018年 ×根尾昂(4球団)
2017年 ×清宮幸太郎(7球団)
2015年 ×高山俊(2球団)
2014年 ×安楽智大(2球団)
2013年 ×大瀬良大地 (3球団)
2012年 ×藤浪晋太郎(4球団)
2011年 ×高橋周平(3球団)
2010年 ×斎藤佑樹(4球団)
2009年 ×菊池雄星(6球団)

 積極果敢に入札を繰り返しているが、この10年間は運に見放されている。救いは2010年の“外れ外れ”1位の山田哲人、17年の外れ1位の村上宗隆の活躍だろう。16年に寺島成輝を単独指名している。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る