【日本S】鷹、柳田に待望の一発! 8回に左中間へソロ、福田も2ランで続き一気に6点差に

【日本S】鷹、柳田に待望の一発! 8回に左中間へソロ、福田も2ランで続き一気に6点差に

主砲の一発に本拠地のファンも大歓声、「3150」ポーズを大合唱

■ソフトバンク – 巨人(日本シリーズ・20日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が、大きな追加点を叩き出した。20日、ヤフオクドームでの巨人との日本シリーズ第2戦。3点をリードした8回に、リードを広げるソロ本塁打を放った。

 松田宣の3ランで7回に先制したソフトバンク。8回には主砲・柳田に待ち遠しかった一発が飛び出した。2ボール1ストライクからの4球目、桜井の投じたボールを弾き返すと、左中間へのホームランテラス席へと消えるソロ本塁打となった。リードは4点差に拡大。本拠地のファンは柳田の「3150」ポーズの大合唱に湧き上がった。

 さらに1死一塁では途中出場の福田が、高木から右翼ホームランテラス席に飛び込む2ランを放ってさらに2点を加点。リードを6点にまで広げた。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る