楽天、今季限りで現役を引退した今江敏晃氏の育成コーチ就任を発表

楽天、今季限りで現役を引退した今江敏晃氏の育成コーチ就任を発表

来季の戦力構想から外れ、コーチ要請の打診を受けて保留→現役引退

 楽天は22日、2020シーズンから今江敏晃育成コーチが就任すると発表した。今江コーチは今季限りでの現役引退を発表していた。

 今江氏はPL学園から2001年ドラフト3位でロッテに入団し、05、10年の日本シリーズでMVPに。2度の日本一に大きく貢献し、日本代表として2006年の第1回WBCにも出場。世界一に輝いていた。

 FA権を行使して、2016年に楽天に移籍。今季は26試合の出場に留まったが、通算1704試合出場、打率.283、108本塁打、726打点を誇る。来季の戦力構想から外れ、コーチ要請の打診を受けて保留。その後、引退を発表していた。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る