「イチローさんはモテていた」母も同じ中学 日ハム2位立野が目指す“イチ流”

「イチローさんはモテていた」母も同じ中学 日ハム2位立野が目指す“イチ流”

小学校の時に「イチロー杯争奪学童軟式野球大会」に出場

 社会人屈指の右腕、東海理化の立野和明投手が17日のドラフト会議で日本ハムから2位指名を受けた。ドラフト直前にFull-Count YouTubeでは21歳の最速152キロ右腕にインタビューした。愛知・豊山町出身で、同町ではあのイチロー氏以来のプロ野球選手の誕生で、地元も盛り上がりを見せる。立野だけでなく、母もイチロー氏と同じ中学校で2学年上という。中学そしてプロの大先輩のように“イチ流”になることを夢見て、スタートを切る。

 立野は小学校4年生の時に豊山町に引っ越してきた。小学5、6年時に「イチロー杯争奪学童軟式野球大会」に出場し、豊山町で行われた閉会式で、世界のイチローの姿を遠くに見た。「自分にとっては憧れです。(プロになったら、いつかご挨拶したいです。頑張って自分も有名になりたいです」と思いを巡らせた。「母が同じ(豊山)中学校でした。イチロー選手が1年の時に母が3年で……。『めっちゃ、モテていた、イケメンだった』と言っていました。豊山町から、イチローさんの次(のプロ野球選手)なので、しっかりとやっていきたい」と故郷の子供たちへ今度は夢を与えていく。

 東海理化で成長を遂げた右腕は球速が3年間で10キロアップ。チームトレーナーとともにメニューを組んだトレーニングや先輩たちの助言によって肉体的にも人間的にも成長した。「チームを背負える投手になりたいです。1試合1試合、全力で投げていきます」と語っている。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る