現役続行への“狭き門” 戦力外からトライアウトで契約に至った選手たち

現役続行への“狭き門” 戦力外からトライアウトで契約に至った選手たち

実績十分のベテラン選手たちもトライアウトを経て再契約を手にする

 現役続行を目指す男たちの最後のアピールとなるプロ野球12球団合同トライアウトが12日に行われる。今オフは巨人・森福允彦投手、ヤクルト・大引啓次内野手ら実績十分の選手たちも戦力外に。他球団での現役続行を模索する選手の多くは、このトライアウトを受けスカウトにアピールすることで契約を目指すことになる。

 ここでは過去3年でトライアウトを経て他球団との契約に至った主な選手を振り返ってみる。

○2016年(65人)
久保裕也投手
DeNA戦力外→楽天

榎本葵外野手
楽天戦力外→ヤクルト

柴田講平外野手
阪神戦力外→ロッテ

 甲子園で開催された2016年トライアウトには計65人が受験。元巨人の久保は楽天と契約し育成契約も経験したが今季は通算500試合登板を達成した。ロッテと契約した柴田はこの年限りで現役を引退、ヤクルトと契約した榎本は17年に2度目の戦力外を受けた。

○2017年(51人)
大隣憲司投手
ソフトバンク戦力外→ロッテ

山崎憲晴内野手
DeNA戦力外→阪神

田代将太郎外野手
西武戦力外→ヤクルト

 マツダスタジアム広島で開催された2017年トライアウトでは計51人が受験。ソフトバンクでは難病を克服し2度の2桁勝利をあげた大隣がロッテと契約。復活が期待された18年だったが2試合のみの登板に終わり現役を引退した。阪神と契約した山崎は新天地で2年プレーし今季限りで引退、ヤクルトと契約した田代は自己最多の73試合に出場するなど現在も現役としてプレーを続けている。

昨年は例年よりも多い5人が再契約を手にしたが、わずか1年で3選手が戦力外に

○2018年(48人)
成瀬善久投手
ヤクルト戦力外→オリックス

由規投手
ヤクルト戦力外→楽天(育成契約)

中井大介内野手
巨人戦力外→DeNA

廖任磊投手
巨人戦力外→西武

山下亜文投手
ソフトバンク戦力外→巨人(育成契約)

 タマホームスタジアム筑後で開催された2018年トライアウトでは48人が受験。この年は例年より多い5選手がテストを経て他球団と再契約を果たした。オリックスと契約した成瀬は今季6試合に登板したが未勝利に終わり再び戦力外に。楽天に移籍した由規は育成から支配下に登録され1軍登板を果たした。

 DeNAと契約した中井は79試合に出場し打率.248、3本塁打7打点と活躍。廖任磊は西武でプロ初登板をマークするなど3試合に登板したが再び戦力外、巨人と育成契約を結んだ山下も戦力外となった。

 受験人数から見れば再契約を手にした選手はごくわずか。今年は一体、何人が狭き門を突破し再びプロ野球のユニホームを着ることができるのか注目が集まる。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る