DeNAがオリ戦力外の高城との契約発表 18年にトレード放出も異例の再獲得

DeNAがオリ戦力外の高城との契約発表 18年にトレード放出も異例の再獲得

2018年にトレードでオリックスに移籍も、今季限りで戦力外に

 DeNAは13日、オリックスを戦力外となった高城俊人捕手と2020年シーズンの選手契約を結ぶことで合意したと発表した。高城は2018年にトレードでオリックスに移籍していたが、DeNAが再獲得するという珍しいケースとなった。

 高城は2011年のドラフト2位でDeNAに入団。高卒1年目の2012年に1軍デビューを果たしたものの、2018年7月に伊藤光捕手、赤間謙投手との交換トレードで白崎浩之内野手と共にオリックスへ移籍。しかし、同年は出場なしに終わると、今季も5試合のみの出場に終わり、戦力外通告を受けていた。

 トレードで放出した選手が戦力外となり、古巣が再獲得するのは極めて珍しいケース。高城はプロ通算317試合出場、打率.171、1本塁打、33打点の成績を残している。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る