【プレミア12】鈴木&外崎が完璧中継プレー ファンは韓国走者に“疑問”「完全ボーンヘッド」

【プレミア12】鈴木&外崎が完璧中継プレー ファンは韓国走者に“疑問”「完全ボーンヘッド」

日韓戦の5回に「ビッグプレー」、WBSC公式ツイッターは動画を公開

■日本 10-8 韓国(プレミア12・16日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は16日、東京ドームで行われた「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)の韓国戦に10-8で勝利。スーパーラウンド4勝1敗として、首位で2夜連続の日韓対決となる17日の決勝戦に臨むことになった。1点リードの5回には右翼・鈴木、二塁・外崎と強肩の2人が完璧な中継プレーで失点を阻止する「ビッグプレー」があり、WBSC公式ツイッターが動画を公開。ファンからは称賛の声に加えて、韓国の三塁走者の「ボーンヘッド」を指摘するコメントもあった。

 7-6と1点リードで迎えた5回だった。2番手の大野が制球を乱し、3連続四球で無死満塁の大ピンチ。チェ・ジョンは空振り三振に仕留めたものの、続くカン・ベクホには右翼線へのライナーを打たれた。しかし、鈴木がライン際でランニングキャッチ。三塁走者のイ・ジョンフはタッチアップしたものの、鈴木から外崎を経由し、完璧な中継プレーでボールが捕手の甲斐に返ってきてアウトに。失点を阻止した。

 このプレーの動画をWBSC公式ツイッターが公開すると、ファンは「外崎の素晴らしい中継プレーでした」「外崎反対に回ってんのによくつよい送球できるな」「誠也、外崎 いいーーーね」「サイコー」「外崎もたまらん!」「さすが外崎選手 最高の中継プレー」などと続々と称賛の声を上げた。

 もっとも、三塁走者のイ・ジョンフは打球が落ちると思ったのか、一度飛び出してから、三塁ベースに戻ってタッチアップ。韓国の三塁コーチも初めからぐるぐると手を回していたこともあって、「3塁走者が完全なボーンヘッド」「これ、明らかにサードランナーのミスやろ。なんでベース離れたのか理解に苦しむ」「ランナーのスタート遅っ」などと相手のミスを指摘する声もあった。

 日本は3回に6点を勝ち越してから追いつかれることなく逃げ切り。試合の行方を左右する「ビッグプレー」となった。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る