清原和博氏、まさかの“死球”にファン喝采! 野球教室で1406日ぶりバットスイング

清原和博氏、まさかの“死球”にファン喝采! 野球教室で1406日ぶりバットスイング

清原氏は背番号5&長渕剛「とんぼ」での登場、キャッチボールでは野球少年イジり倒す

 西武、巨人、オリックスで通算525本塁打を記録した清原和博氏が17日、沖縄・浦添市の「ANA BALL PARK 浦添」で「FM沖縄 開局35周年記念 ドリームマッチ」に参加。2016年5月に覚せい剤取締法違反罪で懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を受けた清原氏がユニホーム姿を見せるのは逮捕後初。注目の背番号は巨人、オリックス時代に背負った「5」を付けた。

 浦添市の少年、少女14チームに向けた野球教室では久々のバットスイングを披露した。大歓声を受けて打席に入ると、野球少年が投じた球に自ら当たりに行く“死球”に。歴代最多196死球を記録したスラッガーのお茶目な一面にスタンドも大笑いだった。その後はファウル、ファウル、遊飛。立浪和義から「スイングが速いから打球が潰れる」とアナウンスで同情された後に、左前へ快音を飛ばした。スタンドの観客も唸る一打だった。

 キャッチボールではファーストミットを持って登場。捕球を試みる野球少年のベルトをつかんで“邪魔”。野球少年を羽交い締めにして捕球を試みるなど、「球界の番長」として沸かせた現役時代を彷彿させる“大暴れ”指導を行った。どこか懐かしい光景にPL学園の後輩にあたる立浪和義氏も笑顔。それでも、野球少年から「清原さんに教えて欲しい」との声が飛ぶなど人気は健在だった。

 清原氏がユニホーム姿を見せたのは2016年1月11日の名球会イベント以来1406日ぶり。「FM沖縄」のコーポレートカラーであるブルーのユニホームで登場した。清原氏にとって5番は西武から巨人へFA移籍した1997年から付け、オリックスへ移籍した06年から着用。現役12年間に渡って付けてきた。西武時代、名球会イベントで付けていた背番号3は立浪氏が付けた。清原氏は歌手・長渕剛の名曲「とんぼ」に乗って登場。スタンドは拍手喝采の大盛り上がりだった。

 野球教室後には「夢の対決試合」として7イニング制の特別試合が行われる。歴代最多通算407セーブを挙げた岩瀬仁紀氏、通算2050安打の和田一浩氏、名指導者としても活躍した権藤博氏、タレント稲村亜美さんら錚々たるメンバーが参加している。(小谷真弥 / Masaya Kotani)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る