【MLB】元日ハム・マーティン、ブレーブスと2年総額15.2億円で再契約 2年間で“10億円増”

【MLB】元日ハム・マーティン、ブレーブスと2年総額15.2億円で再契約 2年間で“10億円増”

メジャー復帰時は2年総額4億3400万円、2シーズンで10億円以上増加

 元日本ハムのクリス・マーティン投手がブレーブスと2年総額1400万ドル(約15億2000万円)で再契約したとMLB公式サイトが報じた。

 マーティンは2016年から日本ハムで2年間プレーし、92試合登板で2勝2敗22セーブ48ホールド、防御率1.12の好成績をマーク。2016年には日本一に大きく貢献した。

 2018年にはレンジャーズと2年総額400万ドル(約4億3400万円)の契約を結び、メジャー復帰。今年7月に地区優勝を狙っていたブレーブスにトレードで移籍したが、プレーオフでは地区シリーズ第1戦で登板前の投球練習で左脇腹を痛め、1球も投げることなく降板。そのまま降板していた。

 今季は2チームで58試合に登板し、1勝3敗4セーブ18ホールド、防御率3.40の成績。同じ2年契約ながら、年俸は2シーズンで計1000万ドル(約10億8000万円)増加したことになる。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る