イチローに憧れるマリナーズ有望株 「エリア51」継承へ「クールなこと」

イチローに憧れるマリナーズ有望株 「エリア51」継承へ「クールなこと」

「イチローを見て育った」ハニガーが今季マリナーズで躍進

 かつての本拠地であるセーフコ・フィールドで印象に残るソロ本塁打を放ったマーリンズのイチロー外野手。古巣マリナーズのファンを魅了した43歳に、相手チームの若手選手も羨望の眼差しで見ている。マリナーズの球団公式サイトがレポートしている。

 イチローは古巣の本拠地凱旋試合となった3連戦で2試合に先発し、19日(日本時間20日)の最終戦で今季1号を含む4打数2安打と活躍。試合は5-10で敗れたものの、最終打席で右中間席に打球を突き刺し、会場を熱狂させた。

 そんな光景に胸を打たれた選手の一人がマリナーズに所属するミッチ・ハニガー外野手だ。

 昨季ダイヤモンドバックスでメジャーデビューを果たした26歳は今季、マリナーズに移籍。今季は20日(同22日)時点で17試合に出場し、打率.303、4本塁打、15打点と好成績を収めている。守備では中堅や右翼を任されており、ベテランの今季1号は右翼の守備で見守った。

 マリナーズ時代、圧倒的な守備範囲とレーザービームと評された強肩を武器に10年連続でゴールドグラブ賞を受賞したイチロー。セーフコ・フィールドのライトは「エリア51」とまで称された。ハニガーはその“聖域”を継承したことについて光栄と感じているようだ。

指揮官も称賛する26歳、「イチローはアイドル」

 球団公式サイトは26歳の新鋭が「クールなことだよ。彼はアイドルなんだ。彼を見ながら育ったことは間違いない。偉大な選手だよ」と語ったことを紹介。また、特集記事では2001年の渡米1年目でMVPと新人王を同時受賞したイチローの経歴に触れた上で「ハニガーが同じようなインパクトを達成するには道のりは長い。しかし、(今季)いいスタートを切ったことは間違いない」と評している。

 また、記事の中でマリナーズのスコット・サービス監督も「彼については言い過ぎることはない。打席でのクオリティ、四球、チャンスでのヒット、(相手投手の)球数の計算、状況に応じたプレー。彼は我々にとっては大きな存在で、本当に戦力となっている。彼に続く打者が好調な時には、本当にいい試合ができるんだ」と高評価を下している。

 17歳上のベテランを見て育ったというハニガーはイチローがソロ弾を放った試合で3安打4打点の活躍を見せた。マリナーズ期待の有望株は「エリア51」と呼ばれた聖域で、偉大な先人にどれだけ近づくことができるだろうか。

関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索