「上腕二頭筋」のあだ名がつくローレンゼンと筋トレしすぎのシンダーガードが筋トレ共演

 MLB公式インスタグラムが公開した、メッツのノア・シンダーガード投手とレッズの“二刀流”右腕マイケル・ローレンゼンの“マッチョ動画”が話題を集めている。以前からその肉体美が注目されていた2人のトレーニング姿に、ファンからも大きな注目が集まっている。

 動画では2人が鍛え上げた肉体を惜しげもなく披露し、太い鎖を首にかけて懸垂したり、大きなバーベルを持ちながらスクワットしたりと過酷なトレーニングを行っている。

 ローレンゼンは昨季73試合に登板しただけでなく守備にもついて1本塁打を放った“二刀流”。そのたくましすぎる右腕から、「マイキー上腕二頭筋(Mikey Biceps)」のあだ名で親しまれており、またシンダーガードは2017年に故障者リスト(IL)入りした際に筋トレのしすぎだと指摘されたこともあったほど。ファンにも2人の“筋肉事情”は広く知れ渡っている様子で、コメントが相次いだ。

「100%」

「彼らはアロルディス・チャップマンのことを忘れているんじゃないかな」

「チャップマンを見たことあるかい」

「マジか、ローレンゼンは超デカいな」

「セスペデスが筋肉付けすぎちゃったときに、みんな学んでなかったのだろうか?」

「これがベストになるための献身なのさ」

「ローレンゼンは髪を切ったリンスカムに見えるね」

「ノアがサイ・ヤング賞を獲る瞬間を拝めるかな?」

「ノアはビーストだ」

 筋肉隆々で知られるヤンキースのアロルディス・チャップマン投手の名前も飛び出し、盛り上がったコメント欄。この筋肉が故障ではなく、好成績に繋がることを祈るばかりだ。(Full-Count編集部)