西武、楽天、ロッテ、日本ハムも支配下5人ずつと外国人枠上回る

 五輪イヤーとなる2020年が幕を開け、12球団のキャンプインまで残り2週間ほどとなった。各球団の補強もほぼ終了し、今季に向けた選手編成はほぼ固まったと見ていいだろう。

 ペナントレースでの浮沈に大きく影響するであろう助っ人たち。そこでここではセパ12球団の外国人事情、構成がどうなったか、おさらいしてみよう。

 今回はパ・リーグだ。

【西武】5人
○残留
ザック・ニール投手
エルネスト・メヒア内野手
○新加入
リード・ギャレット投手(レンジャーズ3A)
ショーン・ノリン投手(マリナーズ)
コリー・スパンジェンバーグ内野手(ブルワーズ)

【ソフトバンク】9人
○残留
リック・バンデンハーク投手
デニス・サファテ投手
リバン・モイネロ投手
カーター・スチュワートJr.投手
オスカ・コラス内野手
※残留見込み
ジュリスベル・グラシアル内野手
アルフレド・デスパイネ外野手
○新加入
マット・ムーア投手(タイガース)
ウラディミール・バレンティン外野手(ヤクルト)

【楽天】5人(育成含め6人)
○残留
アラン・ブセニッツ投手
宋家豪投手
ゼラス・ウィーラー内野手
ジャバリ・ブラッシュ外野手
王彦程(育成)
○新加入
JT・シャギワ投手(ドジャース)

【ロッテ】5人(育成含め8人)
○残留
チェン・グァンユウ投手
ブランドン・レアード内野手
レオネス・マーティン外野手
○新加入
ジェイ・ジャクソン投手(ブルワーズ)
フランク・ハーマン投手(楽天)
エドワード・サントス投手(育成)
ホセ・アコスタ投手(育成)
ホセ・フローレス投手(育成)

【日本ハム】5人
○残留
ニック・マルティネス投手
ブライアン・ロドリゲス投手
王柏融外野手
○新加入
ドリュー・バーヘイゲン投手(タイガース)
クリスチャン・ビヤヌエバ内野手(巨人)

【オリックス】6人
○残留
アンドリュー・アルバース投手
ブランドン・ディクソン投手
スティーブン・モヤ内野手
○新加入
タイラー・ヒギンス投手(パドレス3A)
アデルリン・ロドリゲス内野手(パドレス3A)
アダム・ジョーンズ外野手(ダイヤモンドバックス)

ソフトバンクは9人の助っ人も、消息不明のコラスの動向次第では8人に

 現時点で最も多くの助っ人を抱えるのは、ソフトバンクの9人。これは12球団でも最多だ。ただ、コラスはMLB挑戦を目指し消息不明となっている。退団となれば、8人となる。また、グラシアル、デスパイネの残留が正式には発表されていないが、残留に向けてキューバ政府と交渉を進めている。バレンティンは日本人扱いとなるため、5人の助っ人を起用することも可能となる。枠の中でどういった外国人起用となるか注目だ。

 今オフに積極的に補強を行ったロッテも、育成を含めれば、8人の外国人を抱える。支配下は5人でハーマン、ジャクソン、レアード、マーティンの4人が起用の中心となるか。オリックスは6人。メジャー通算282本塁打の実績を誇るアダム・ジョーンズに注目だ。3人の投手、3人の野手を4枠の外国人枠でいかに起用していくか。

 西武、楽天、日本ハムは5人(楽天は育成含めると6人)。リーグ3連覇のかかる西武はニールとメヒアが残留しギャレット、ノリン、スパンジェンバーグが加入した。秋山のレッズ移籍で生じる戦力ダウンをいかにして埋められるか。

 楽天は実績あるブセニッツ、宋家豪、ウィーラー、ブラッシュが残留しながら、新たにリリーフ候補となるシャギワを獲得。4枠の外国人枠を争う競争も熾烈となりそう。日本ハムはバーヘイゲンと巨人で結果の出なかったビヤヌエバが加入。三塁として期待されるビヤヌエバが結果を残せるかが鍵を握りそうだ。(Full-Count編集部)