松田宣らは約1週間行ったグアムでの自主トレを打ち上げた

 常夏の島グアムで自主トレを行ってきたソフトバンクの松田宣浩内野手ら”チーム熱男”。今年は牧原大成内野手、水谷瞬外野手、DeNAの宮崎敏郎内野手、嶺井博希捕手、佐野恵太外野手、オリックスの頓宮裕真内野手、西武の山田遥楓内野手が参加し、ハードなトレーニングに汗を流してきた。

 その自主トレも15日に最終日を迎えた。ソフトバンクの公式インスタグラムでは、この松田宣らの自主トレの様子を紹介。練習もさることながら、ファンからはグアムの日差しで真っ黒に日焼けした選手たちの”黒さ”に驚く声が上がっていた。

 1月8日に日本を離れ、1週間、グアムでみっちりと体をいじめていた松田宣や牧原ら。灼熱の太陽の下で練習に励み、その顔や体は見事に日焼けしていた。ソフトバンクの公式インスタグラムは自主トレ中の様子を10枚の動画や写真で紹介。ファンからは「もはや誰が誰だか?」「く、黒い、、、笑」「皆さん黒すぎる」「マッチ 焼けてると言うより焦げてる」とその日焼けっぷりに驚くコメントが寄せられていた。(Full-Count編集部)