ヤンキース黄金期で世界一5回「実際の成績とは関係ないことで高められている」

 2020年の米野球殿堂入りが21日(日本時間22日)に発表される。今年度は候補者32名が発表されているが、注目の的となっているのは昨年のマリアーノ・リベラ氏に続く史上2人目となる満票での殿堂入りが期待されるヤンキースの“レジェンド”デレク・ジーター氏だ。しかし、ア・リーグ東地区のライバルであるレイズの地元紙はジーターは“過大評価”されている指摘している。

「タンパベイ・タイムズ」は「シーッ、ヤンキースファンにデレク・ジーターが過大評価されてるって言わないように」との皮肉を込めた見出しでジーター氏を特集。「元チームメートのマリアノ・リベラに続いて、得票率100%でアメリカ野球殿堂入りを果たすかもしれないが、彼の守備能力は物足りないものだった」と指摘している。

 記事では「ここで問いたいことは、デレク・ジーターは、最も偉大な野球選手の1人かということではない。彼がそうであると考えることは自然のことだ」とジーター氏が“レジェンド”として愛されていることは認めている。そして「もっと興味深い質問は、ジーターは過大評価されてるかどうか、ということだ」と論点を示している。

 まずは「ジーターの選手としての有能さは、実際の成績とは関係ないことで高められている。例えば、彼がキャリア通して最も有名な街で最も有名なチームのユニホームを着ていたということ。また、彼がその球団に居たのが1990年代のヤンキースの復興期であったこと。これらのことは、重要なことである」と言及。ジーター氏はヤンキース一筋20年で黄金期のキャプテンとして5回の世界一に輝いている。

3465安打の打撃は称賛も「現代の分析では、守備能力は障害となっていた」

 さらには、活躍した時期のヤンキースの成績だけでなく、ジーター氏には品格も備わっていたことも挙げ、これらの理由から守備の良くなかった事実を目立たなくした、としている。また、ゴールドグラブを5回受賞していることについては、自分の近くに来た打球の処理は悪くなく、エラー自体は少なかったからだと手厳しく説明している。

 その証拠としてデータ専門サイト「ファングラフス」の野手が打球をどの程度アウトにしたかを元にして、チームにどれくらいの得点を失わせたか、セーブさせたかを算出したデータを紹介。データはキャリアの後半のみのもので、絶頂期がわずかしか入っていないなど、フェアではない部分もあると前置きした上で、2003〜14年の間のジーター氏の数字は酷かったという。

 一方で、ジーター氏の打撃については称賛。メジャー20年で3465安打、260本塁打、358盗塁の輝かしい記録には「過去50年間で彼よりヒットを多く打ったのは、ピート・ローズとハンク・アーロンだけだ」としている。

 しかし、最後には「現代の分析では、彼の遊撃手としての守備能力はヤンキースにとって障害となっていたということを示している。そして、彼がフィールドにいた20年間で、これらの彼の欠点が語られたことはあまりない」とやはり守備の問題から過大評価されていると締めている。殿堂入り投票がどのような結果となるのか注目だ。(Full-Count編集部)