日頃の声援への感謝の意味も込めて、キャンプ地を訪れたファンにお菓子をプレゼント

 ソフトバンクは11日、宮崎キャンプ第3クール初日を迎え、選手たちによる“逆チョコ”イベントを行った。

 2月14日にバレンタインデーが迫っているこの時期の恒例となっている“逆チョコ”企画。選手たちが練習の合間や練習後に、日頃の声援への感謝の意味も込めて、キャンプ地を訪れたファンにお菓子をプレゼントする。福岡の菓子店「千鳥屋」の銘菓「チロリアン」が配られ、選手たちからのプレゼントにファンも喜んでいた。

 例年行われている、この企画だが、今年はお菓子の量を増やしてスケールアップさせた。球団関係者によると「選手たちからもっと増やして欲しいと要望があり、昨年の1.5倍の量を用意しました」。祝日となったこの日、この”逆チョコ”を受け取ることができたファンにとっては、たまらない思い出になったのではないだろうか。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)