楽天の背番号19は藤平が背負うまで空き番号となっていた

 楽天の藤平尚真投手が11日、自身のSNSを更新。背番号19の大先輩である野村克也さんの死を悼んだ。

 野村さんは06年に楽天の監督に就任。09年に退団するまでの4年間、背番号19を身に着けていた。その後16年まで「19」を空き番号としていたが、17年に横浜高校からドラフト1位で入団した藤平が1年目から背番号19を受け継いだ。

 藤平は「今日の朝に野村克也さんの訃報を知りました。直接的な交流は少なかったですが楽天イーグルスの19番の重みを改めて感じました。恥の無い野球人になれるように努力します。心からご冥福をお祈りいたします」と哀悼し、自身が背負う番号の「重み」を実感したようだった。(Full-Count編集部)