「若い選手と一緒に汗を流して、今の自分の技術、引き出しがどれだけ通用するんだろう」

 2月1日、プロ野球12球団が宮崎、沖縄の両県で一斉に春季キャンプをスタートさせた。球春到来。野球人にとっての正月がいよいよやってきた。

 それから遅れること2日。2月3日、香川県営第二野球場で1人のプロ野球OBが第2のキャリアのスタートを切った。平成唯一の三冠王である元ソフトバンクの松中信彦氏だ。

 松中氏はこのオフ、四国アイランドリーグplusの香川オリーブガイナースのGM兼総監督に就任。2016年の現役引退後は子供たちに野球を教えながら、解説者を務めるなど活動してきた。そして、2020年シーズンから指導者としての第1歩を踏み出すことになった。

 このオフ、Full-Countでは松中氏に単独インタビューを行い、NPBではなく独立リーグでの挑戦を決断した胸の内を語ってもらった。

――独立リーグの香川のオファーを受けようと思ったのは、何故でしょうか?

「指導者として新人ですし、なかなかいきなり総監督とGM兼務のオファーというものはない。どちらかというと、GMの方にすごく惹かれましたね。NPBでもそういう役職にはなかなかつけないですから。やっぱ自分でチームを作れる、色々できるっていうところはすごく魅力を感じました」

――指導者としての思いは持っていたのですか?

「引退して4年ですけど、子供達を今教えたりしていて、教えたいなと思っていました。近年、バッティング理論も変わってきてるので、若い子達に教えたいという考えが出てきていました」

――独立リーグのオファーでした。

「プロを目指す選手をまず教えないといけないのかなと。まだ指導者としては1年目ですから、若い選手と一緒に汗を流して、今の自分の技術と言うか、引き出しがどれくらい通用するんだろう、と。このバッティング理論で絶対、プロにいってほしいなと思います。育てがいがあるかな、是非チャレンジしたいなと思い、就任を決めました。プロに行きたい子達に教えて、なんとしてもプロに入ってほしいなっていう思いから、話を受けることにしました」

――NPBへのこだわりはありませんでしたか?

「別にどこでも良くて、あまりこだわりはありませんでした。やっぱり若い選手を教えたいっていうところがすごくあって。どれだけできるのかなと不安もありますけど、若い選手と一緒にやるというのが、今の選択としてはベストかなと思った。まだまだ勉強しないといけないですし」

自らバットを振っての実演指導も「自分でロングティーを打って見せました」

――若い選手を教える上での難しさはありますか?

「今の若い子たちはやっぱり、なかなか反復練習っていうか、自分たちが若い時に『何百回振れ』とか、そういう時代じゃないと思います。いかにそういう選手達を育てていけるか。NPBもいいんですけど、プロである程度完成されている選手よりも、荒削りでまだまだこれからが楽しみという選手のほうが、教えがいもある。別に独立リーグだからというのは自分としてはありませんでした」

――選手たちへのアプローチは?

「初めて選手たちに会った時に『プロに行きたいのか、プロで活躍したいのか』という面談もしました。みんなが『プロに行きたいです』と。じゃあプロ行くためにどういう指導法をしないといけないかっていうのをオフに考えていました」

――現役復帰、とも報じられましたが?

「目が追いつかないし、怪我したくないですし、反応も鈍ってるだろうし。ただ、練習はNPBよりも独立リーグの方が時間があるし、一緒に練習はできる。言葉で教えて自分で振ってこうだろうっていうのができる時間があるんで、そういうところはもしかしたら出来るかもしれないですね」

――現役復帰ではなく、練習で実演するイメージ。

「実際に昨年、自分でロングティーを打って見せました。『フェードを打て』とね。みんなのそういう反応がすごく嬉しくて、ちょっと言っただけで、やってみると『オッ』となる。そういう反応が面白いですね。独立リーグの子って、ちゃんとは教えてもらってないから、ヒントを与えるだけで反応してくれる。その表情がすごくいいから、今はもう受けて良かったなと思っています。これを継続してやっていくと、いい選手が育つだろうなって思いますよ」

――指導者1年目の描く目標は?

「1年目ですけど、もちろん優勝です。やっぱりそのお客さんが喜ぶ野球をしたいなと。投手戦もいいんですけど、昔のダイエーホークスみたいにやっぱ打ち勝つ、打って勝てるチームを作りたいなと思います」

――将来的なNPBへの思いはありますか?

「やっぱりNPBで育ててもらったので、最後はそこで勝負がしたいっていうのはあります。ですが、今はまずこの香川でどれぐらい自分ができるか、どれくらい選手を育てられるか、そこに集中してやっていきたい。その積み重ねが指導者としての評価につながってくると思いますし、自分の第2章がスタートしたというところ。それで積み重ねた先に(NPBが)あるかもしれない」(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)